外部からの評価

製品・サービスに関する第三者評価

JSTQBプラチナパートナー認定

JSTQBはソフトウェアテストの基礎知識や、実業務を想定したテスト技術力を有する人物を認定する機関で、基礎・応用レベルの試験を実施し、組織内の同資格保有数に応じてパートナー認定を行います。 オービックは国内最高位のプラチナパートナーに認定されました。

ISO/IEC27001(ISMS)

ISO/IEC 27001は、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する国際規格です。情報の機密性・完全性・可用性の3つをバランスよくマネジメントし、情報を有効活用するための組織の枠組みを示しています。

SOC1Type2報告書

OBICクラウドサービスは、米国公認会計士協会(AICPA)で定める情報システムのセキュリティの規準に基づく「SOC1RType2 報告書」を取得しました。

企業活動に関する第三者評価

健康優良法人2022

健康経営優良法人制度は、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している法人を顕彰する制度です。

くるみん認定

厚生労働大臣より、子育てサポートの優良企業として「くるみん」の認定を受けました。

日経スマートワーク調査

日経スマートワーク調査は、日本経済新聞社が実施する調査です。
多様で柔軟な働き方やイノベーションを創出する体制、市場開拓力などによって組織のパフォーマンスを最大化させる取り組みを「スマートワーク経営」と定義し、企業の取り組みを星5段階で評価しています。
オービックは第5回「日経スマートワーク調査」において、星3.5の評価を受けました。

日経SDGs調査

日経SDGs調査は、日本経済新聞社が実施する調査です。
事業を通じて社会・経済・環境の課題解決に取り組み、企業価値向上につなげている企業を星5段階で評価しています。
オービックは第3回「SDGs調査」において、星3.5の評価を受けました。

DX認定制度

DX認定制度は、経済産業省が定める「デジタルガバナンス・コード」に沿ってDXの推進に向けた取り組みを行い、DXの準備が整った企業(DX-Ready)を経済産業大臣が認定する制度です。

CDP質問書

CDPの気候変動に関する調査は、世界の時価総額上位の企業を対象に、企業の温室効果ガス排出削減活動や気候変動緩和対策の取り組みなどを調査するものです。 オービックは2021年度のCDP質問書に回答し、Bの評価を受けました。

ISO14001

ISO 14001は環境マネジメントシステムに関する国際規格です。 社会経済的ニーズとバランスをとりながら、環境を保護し、変化する 環境状態に対応するための組織の枠組みを示しています。