X
type
copy
name

なぜオービック?

「真のワンストップソリューション」に魅力を感じて
――学生時代はどんな将来像をイメージしていましたか?

 自営業を営む両親の背中を見て育ったこともあり、「経営」に携わる仕事がしたいと考えていました。両親が営む洋品店は地方の商店街にあり、経営は決して楽なものではなかったと認識しています。経営の知識を深めることでなんらかの助けになれたらと思い、大学は経営学部に進学し、経営戦略やゲーム理論を学びました。就職活動では、モノを売る仕事よりも「お客様が求める価値を提供できる仕事」を軸に企業研究をしていました。

――オービックへ入社した理由を教えてください。

 学生時代はバレーボールのサークルに入っており、その先輩がオービックに営業として勤めていたんです。SEは理系の専門職のイメージがあったのですが、先輩曰く「文系出身者でもSEとして活躍している人が多い」と。システムそのものを売るだけでなく、システムがもたらす価値を提供すると考えれば、自分の理想とする仕事に近いなと思えました。
 しかし、いくつかSIerを受けて気がついたのは、「ワンストップ」を謳っていても実際はそうではないことが多いこと。業務範囲をよく聞いてみると、多重下請け構造のなかで業務を行っている会社も多く、自分の理想とは異なる印象を持ちました。私はエンジニアであってもお客様とコミュニケーションを取り、信頼関係を築いて、最後まで責任を持って携わりたかったんです。大学の説明会で改めてオービックのことを知り、「真のワンストップソリューション」を実現しているのはここしかない、と入社を決意しました。

仕事について

安定稼働は
「ゴール」ではなく「スタート」
――現在の仕事内容について教えてください。

 ゼネコンやプラントエンジニアリングなど建設業界を中心に、プロジェクト管理システムのインストラクター(INST)および、サブSEとして活動しています。まだ製品として若いソリューションであり、導入後の稼働支援を行いながら、お客様の要望を反映するなどして製品を強化しているところです。
 インストラクターとしては、集合形式の導入研修といった教育のほかに、受注支援として「操作体験会」も対応しています。営業活動の場に同席し、ヒアリングした要件を元にテスト環境の整備と説明を行うのです。初めてOBIC7に触れるお客様と導入後のイメージを共有し、「こんなはずではなかった」といったトラブルを未然に防ぐ狙いもあります。稼働支援を通じて現場に触れた経験が、上流工程でのリスクの低減に活きていると感じます。

――導入後の稼働支援はどのように行っているのでしょうか?

 定例会議の場を設けて、お客様から定期的にヒアリングを行っています。システムを提供する側から見れば、安定稼働はひとつのゴールですが、お客様にとっては「スタート」です。使い慣れた既存システムを手放して、新たなシステムでビジネスを行うわけですから、稼働後のサポートこそ重要です。刻々と変わる経営課題に対応すべく、運用のアドバイスやカスタマイズの検討などを継続して対応しています。入社動機にもなった「ワンストップソリューション」は嘘ではないと、改めて実感しますね。

――仕事のやりがいはどんなときに感じていますか。

 システム稼働時に、お客様から感謝の言葉をいただけたときは、努力が報われたと感じます。安定した稼働を実現するには、システム開発のみならず、データ移行や現場の教育など、お客様の協力も必要不可欠です。なかには通常業務が忙しく、なかなか十分な準備が整わないお客様もおり、スケジュール通りに工程を導く難しさを日々感じています。だからこそ、安定稼働にたどり着いたときの喜びはひとしおです。

未来・将来について

自分のスタイルを見つけたい
――現在、課題として認識していることはなんですか?

 複数のプロジェクトに携わるなかで、マルチタスクをこなす力が不足していると感じます。上流工程への参加は、自ら上司に志願して実現したものですが、行動範囲が広くなればそれだけ業務も増えるということ。予定していた作業に加え、問い合わせ対応などの突発的なタスクも発生するので、スケジューリングにはいつも苦労しています。作業時間の見積りは経験によるところも大きいので、日々の失敗を糧に変えて、見積りの精度を高めていきたいですね。

――これからの展望もしくは目標についてお聞かせください。

 マーケティング能力を高めることで、より最適なシステム提案ができればと考えています。要望にストレートに応えるだけでなく、業界動向や展望を鑑みながら、お客様をリードする提案力を高めていきたいと思っています。
 オービックには、時代の変化に柔軟に対応しながらお客様に寄り添ってきた実績がありますから、自分もその例にならうことができれば。最近は、お客様の財務指標を分析して「こんな経営課題があるのでは」と仮説を立てるなど、自分のスタイルを見つけるために試行錯誤しているところです。

オービックについて

若手の成長こそ、会社の成長
――改めてなぜオービックで働き続けるのでしょうか?

 若手の成長こそ会社の成長、といった風土があることです。入社前は、上流工程を担当するまで5~6年は下流工程で“下積み”をするのだろうと考えていたのですが、全然違いましたね。若いうちから上流工程に携わるなどなど、自ら発信したチャレンジを受け入れてもらえます。上司や先輩との縦のつながりに加え、部門を横断したワーキンググループ(WG)による横のつながりもあり、バックアップの体制も整っています。最近私も後輩を指導するようになったのですが、新人には「やりたいことはないか」と積極的に聞くようになりました。

――オービックの好きなところをいくつか挙げて下さい。

 優しく、面白い人が多いこと。どんなに忙しい時でも、プロジェクトメンバー全員でフォローし合うので、孤独な作業に陥ることがありません。若手でも社長と会話する機会が多くあり、家族のような雰囲気を感じています。気が置けない仲間たちと楽しく仕事ができることが、なによりのモチベーションになっていますね。

ある一日のスケジュール

ある一日のスケジュール