X
type
copy
name

なぜオービック?

人間として
成長できる場所
―オービックに入社した理由を教えてください。

 大学では理工学部の経営システム工学科でITと経営学の両方を学びました。将来はITと経営学の両方の知識を活かしたITコンサルタントになりたいと思って、就活ではIT業界を中心に企業を探していました。当時オービックのwebサイトに掲げられていたのが「人間が好きだ」というキャッチフレーズ。私自身、IT業界はコンピュータ中心のドライな業界というイメージを持っていたので、「そうはいっても表向きのことだろう」と半信半疑だったのですが、会社訪問を重ね、先輩社員とお話をしていくうちに「本当に人間味のある会社だな」と思うようになりました。極めつけは最後の会長・社長面接。自分のような一学生に対しても、威圧的でなくフランクに話をしてもらえたことを覚えています。

―面接での話で覚えていることはありますか?

 「ITは人が作り、人が使うもの。だから人と人とのコミュニケーションが一番大切なんだ」というような話をしてもらったことを覚えています。人と人との関係を大事にするこの会社なら、人間として成長できるだろうと感じました。まだ他社の面接も残っていましたが、内定をもらってすぐに入社を決めました。

仕事について

顧客企業の成長と
システムの成長がWIN-WIN
―現在の仕事内容について教えてください。

 システムエンジニア(SE)として、いろいろなプロジェクトに携わっています。この職種の役割はとても幅広くて、システムの構築だけではなくプロジェクトマネージャーとして、プロジェクト全体を指揮するのもSEの役割です。
 具体的な仕事としては、まずお客様からのヒアリングを行って必要な要件を定義し、基本設計を作成します。この基本設計からプログラム実装のための仕様書となる詳細設計を行い、プログラムエンジニア(PE)に引き継ぎます。その後は、システムの総合的な完成度を高めて、お客様への納品までをフォローし、プロジェクトを成功に導く、というのが私のミッションとなります。

―仕事の難しいところってどこですか?

 一つはスケジュール管理です。プロジェクトは4カ月から1年程度のものが中心ですが、その間には、お客様からの仕様変更の要求、不具合によるトラブル等々、イレギュラーな出来事が発生することも。それらをクリアしつつ納期を守るには適宜適切にメンバーを配置し、スケジュールを管理していかなければなりません。
 スムーズにプロジェクトを推進するためにメンバーのモチベーション維持を図るのも私の役割です。発破を掛ける一方で、働きすぎのメンバーにはブレーキを掛けることもあります。意見や悩みなどあれば気軽に相談してもらえるように、メンバーとの間には壁をつくらないよう心掛けています。

―手応えを感じる瞬間について教えてください。

 システム納入後、お客様から「オービックさんにお願いして良かった」と言っていただけたときですね。とくに苦労したプロジェクトほど、うまくいったときの喜びも大きいものです。
 当社はシステムを開発するだけでなく、運用のサポートやメンテナンスも行っていますから、お客様とのお付き合いはその後もずっと続きます。私も自分が担当したお客様へは定期的に訪問するようにしています。導入から時間が経つと顧客企業の成長にともない、システム増強や機能追加のニーズが出てきます。ときにはお客様とのちょっとした立ち話からヒントが見つかり、システム改良へとつながることもあります。まさに顧客企業のビジネスの成長とオービックのシステムの成長とがWIN-WINの関係にあることを実感できる仕事だと言えます。

未来・将来について

もっと部下に仕事を
任せられるようになる
―今の自分に足りないのはどんな点だと思いますか?

 常に複数のプロジェクトを抱えているので、「時間がもっとほしい」という状況になることがよくあります。実は最近手掛けたプロジェクトで、お客様とのコミュニケーション不足から必要のない開発をしてしまい、掛けた労力が無駄になるという失敗がありました。これも元をたどれば、時間的余裕がなく十分なコミュニケーションを取れなかったことが根本原因。コミュニケーションをおろそかにしないために、日頃から時間の使い方を工夫するとともに、部下に任せられる仕事は部下に任せていく必要があると感じています。部下の成長にもつながるような任せ方をしたいですね。

―ご自身が描く長期的な展望について教えてください。

 マーケティング能力を高めて、あらゆる業界・業種に最適なシステム提案ができるようになりたいですね。単に顧客からの要望に応えるだけでなく、世の中の流れの先を読み、お客様をリードしていく提案力を持ちたいと思っています。

オービックについて

他社ではできない
経験ができる
―あなたがオービックで働き続ける理由は?

 常に成長を実感できる職場だからです。前述したように当社では、納入後のメンテナンスや改良についても開発に携わったメンバーが引き続き担当し、顧客企業からの新たなニーズや、テクノロジーの進歩を取り入れながらシステムを進化させていきます。
 システムの進歩は顧客企業の発展とリンクしており、我々自身も「お客様に成長させていただいている」と言えるでしょう。経営者の方とお話しさせていただく機会も多いので、経営についての理解が深まるだけでなく、人間的にも成長できる仕事です。
 分業化の進んだSI業界においては、当社のようにシステム構築の最初から最後まで携わるワンストップソリューションというやり方は珍しく、他社ではできない経験ができることは間違いありません。

―オービックの好きなところを教えてください。

 よく言われますが、優しい人が多いことですね。それでいてやるときはやる。非常にメリハリのきいた人材の多い会社だと思います。

ある一日のスケジュール

ある一日のスケジュール