X
type
copy
name

なぜオービック?

結婚・出産後も
働き続けられる職場
―学生時代、どんな将来像を思い描いていましたか?

 私の母が結婚を機に退職したことを後悔していたので、「結婚・出産を経ても働き続けられる仕事に就きたい」という気持ちが早くからありました。とはいえ大学時代はまだ具体的な仕事のイメージを持つまでには至りませんでしたね。あえて言えば、人と関わる仕事がしたいと思ったことくらいでしょうか。これは学内の全テニスサークルが参加するイベントの運営などで、人とのつながりのなかで活動する楽しさを味わった経験からです。就職活動では業種・職種にこだわらず、食品メーカー、製薬会社、サービス業など、いろんな会社を回りました。

―そんななかでオービックを選んだ理由を教えてください。

 文系出身で、どちらかというとITには苦手意識があった私が、こんなふうにIT企業で働くことになるとは夢にも思いませんでしたね。実はオービックという会社のこともよく知らず、説明会に行ったのはたまたまでした。しかし説明をしてくださった先輩の女性社員の方が文系出身者だったことに加えて、出産後も仕事を続けている女性社員もいるという話を聞いたことから興味を持ちました。
 会社訪問や面接を重ねるうちに気づいたのは、非常に気さくな人が多いということ、そして上下関係がない非常にフラットな会社だなということです。職種による壁もなく、知れば知るほどオービックという会社が好きになっていきましたね。この会社なら自分も成長していけそうだと思い入社を決めました。

仕事について

プロジェクトを終えるたびに
自分の成長を実感
―いまどんな仕事をされているのですか?

 プロジェクト管理システムや販売情報システムを手掛けるチームで、サブSEやインストラクターを務めています。インストラクターは、システム納入先のお客様に操作方法を指導する役割。サブSEは開発の司令塔であるシステムエンジニア(SE)をサポートする役割で、わかりやすく言えばSE見習いといったところでしょうか。

―SEの仕事は難しいですか?

 サブSEになるとSEとともにお客様の元へ出向いて話を聞き、要件定義や基本設計をサポートします。当然、プログラムに関する知識も重要ですが、それ以上に重要なのが、お客様の業務に関する知識。これがなければお客様との会話も成立しませんし、システム設計などできるはずもありません。
 オービックでSEを目指す場合には、プログラムに習熟するために、入社後1〜2年はプログラムエンジニアとしてコーディングに従事し、その後インストラクターとして操作指導をしながら業務知識を習得していきます。私は2年目からインストラクターになりましたが、一番苦労したのがこの業務知識の習得でした。
 入社前に簿記2級は取得していましたが、実際に企業で行われる会計業務は連結決算や国際会計基準などさらに高度な知識が要求されます。わからないことにぶつかるたびに先輩SEを捕まえて質問攻めにして一つ一つ覚えていきました。

―仕事のやりがいはどんなところに感じていますか?

 プロジェクトを経験するたびに自分の成長を実感できることですね。少しずつ自分ができることが増えていくと、また新しいことをやりたくなる。その結果、入社当時はITに苦手意識があった私が、SEとしてプロジェクトをまとめることに挑戦してみたいと思うまでになりました。
 サブSEになったことで上流工程にも関わるようになり、直接お客様と打ち合わせをする機会が増えました。安定したシステムを構築するためには、お客様の意見や要望を聞くだけでなく、こちらの意見を明確に伝えて説得しなければいけない場面もあります。かつての自分はそんな交渉なんて無理!と思っていましたが、少しずつ交渉ごともできるようになってきた。これも成長した部分かなと思います。
 先日、お客様から「今回のプロジェクトは小林さんがいてくれたおかげで成功できたよ」という言葉をいただきました。お世辞かもしれませんが、うれしかったですね。

未来・将来について

SEの仕事と家庭を
両立させたい
―ご自身の目標について教えてください。

 お客様を引っ張って行く力がまだまだ足りないと思っています。これからもっと上流工程を経験し、お客様への提案力や引率力を磨きたい。そしてプロジェクトを自分の力で進めて行けるようになりたいですね。

―さらに将来、この会社でどんなキャリアを築いて行きたいですか?

 去年結婚しました。子どもはまだですが、出産後もSEとして働き続けることを希望しています。
 SEという仕事は、お客様から急に問い合わせがあるなど不定期になりがちな仕事のため、子育てと仕事を両立させることは難しいと感じていました。しかし最近は女性SEも増えてきていますので、まずは女性が生き生きと働ける環境づくりから始めて、長期的に活躍できるように頑張っていきたいと思っています。

オービックについて

一人ひとりの成長を
サポートする環境がある
―あなたがオービックで働き続ける理由は?

 一緒に切磋琢磨できる仲間がいて、成長し続けられる環境があること。仕事は常にうまくいくのが理想ですが、ときには失敗することもあります。私自身、あるプロジェクトで大きな失敗をしてお客様に大変なご迷惑を掛けてしまったことがありました。そのとき上司から受けたのが、こんな言葉でした。
「反省すべき点はきちんと反省することが必要。しかしそれが済んだら、いまからやらなければいけないことに前向きに取り組め」
 予定より多少時間はかかったものの、プロジェクトは無事に完了することができました。失敗しても見捨てずに支えてくれる人たちのなかで働けることは、自分の成長に大きく役立っていると思います。

―オービックの好きなところを教えてください。

 誰でも言いたいことが言えて、困ったときは自然に助け合うところや、新しい仕事にドンドンとチャレンジさせてくれるところ。そのベースにあるのは、社員一人ひとりを大事にする風土だと思います。

ある一日のスケジュール

ある一日のスケジュール