ERP セミナーレポート

オービックが過去に開催したERPに関するセミナーレポート一覧です。

ERPセミナーレポート一覧

経営企画・実務責任者必見!
儲かっている製造業が実践する「利益計画」と「業績評価」とは

川口 宏之 氏
ジャパン・ビジネス・アシュアランス株式会社 ディレクター/公認会計士/早稲田大学非常勤講師
2016年10月開催

多品種少量生産の進化や業態の複雑化・複合化の影響で、従来の管理手法では成果が出にくくなっている製造業。当セミナーでは、「儲かっているかどうか」という視点から、製造業が実践するべき「利益計画」と「業績評価」の手法を解説しました。

すぐに使える!データ活用から見える事業成功への道筋
— イノベーションを起こす真のデータ活用術 —

西内 啓 氏
統計家
2016年6月開催

「データはある」。しかし「だれが何を分析すればいいのかわからない」という企業は少なくありません。今回は、「統計学が最強の学問である」の著者・西内氏が、他社に負けないデータ分析の秘訣を伝授しました。

— カスタマーインターフェイスの拡大と新たな収益源を目指して —
FinTechがもたらす金融サービスの革新

島田 直貴 氏
株式会社金融ビジネスアンドテクノロジー 代表
2016年2月開催

FinTechがメディアで取り上げられ、にわかにブームになっています。FinTechとは、ITを駆使して金融サービスを提供する動きです。一般事業会社やベンチャー企業による金融サービスへの参入が可能になり、既存の金融機関はサービスの変革を迫られています。当セミナーでは、FinTechがもたらす金融サービスの革新について、事例を交えて紹介。金融業界を知り抜いた島田氏ならではの深い示唆に満ちたセミナーとなりました。

— 多様化するビル経営 —
進化し続けるプロパティマネジメント会社の経営戦略

稲葉 孝宏 氏
株式会社第一ビルディング 代表取締役社長
2016年2月開催

受託物件が多様化・流動化する環境で、地域密着・ワンストップサービスを全国展開するプロパティマネジメント(PM)専業の株式会社第一ビルディング様。同社が、幅広い顧客のさまざまな要望に対して、どのように対応しているのか。今後どのような経営戦略を描いているのかなどを、稲葉社長自ら紹介しました。また、この講演後には、続けてオービックによる不動産統合ソリューションの紹介や実演デモンストレーションが行われ、多くの参加者が興味深く見つめていました。

自社の対応方針を再点検!!
「実務面からみたマイナンバー制度」

林 隆 氏
・本郷税理士法人 マイナンバーチーフコンサルタント
2015年10月開催

いよいよカウントダウンが始まったマイナンバー制度。平成28年1月のマイナンバー利用開始までに、準備を終えておきたいものです。しかし、とても間に合わないという企業のために、本セミナーでは「最低限取り組まなければならないこと」を解説しました。今回2回実施され、サテライトともに満席になるほど大盛況のセミナーとなりました。

OBIC7導入企業の役員が語る
利益創出のための全社業務改革の取り組み

荻野 潔 氏
NSファーファ・ジャパン株式会社 取締役
2015年10月開催

「在庫削減や原価低減に課題を感じている」「基幹システムに蓄積された情報を経営戦略に活用できていない」などの悩みを抱えていませんか?本セミナーでは、OBIC7ユーザーであるNSファーファ・ジャパンの荻野氏より「業務改革」と「管理会計」をテーマに、改革の取り組みとその効果について語っていただきました。

元国税局情報技術専門官が解説
いまさら聞けない!電子帳簿保存法のポイントと最新動向

袖山 喜久造 氏
SKJ総合税理士事務所所長/税理士
2015年6月開催

2016年3月の大幅な規制緩和で、再度注目されている電子帳簿保存法。大量の紙文書に悩んでいた企業にとっては、電子化を進める良い機会となり、電子契約の普及加速にも大きく弾みがつくと考えられています。当セミナーでは、3年前まで国税局に勤務し、帳簿書類の電子化の普及に係る作業をしていた袖山氏を迎え、規制緩和の内容や検討手順について解説していただきました。断続的に雨が降るあいにくの空模様でしたが、本会場に加えてサテライト会場も満席になるほどの盛況となりました。

〜これからのビルメンテナンス業界にむけて〜
IT時代とビルメンテナンス

橋本 有史 氏
三幸株式会社 代表取締役/コムコ株式会社 代表取締役
2015年6月開催

橋本氏は大学卒業後、大手システムベンダー(シンクタンク)に就職。その後、実家のビルメンテナンス事業を継ぎ、2003年からはソフトウェア開発会社コムコの経営にも参加しています。当セミナーでは、IT業界とビルメンテナンス業界に、幅広い経験と見識を持つ橋本氏が、ビルメンテナンス業界が目指すべきIT化の要点を、いくつかのキーワードから解き明かします。興味深い内容に、多くの来場者が静かに聞き入っていました。

本年10月の個人番号通知開始への備えはいかがですか?少ない残り時間で確実な対応を
マイナンバー法への実務対応総チェック

大澤 貴史 氏
牛島総合法律事務所 弁護士
2015年6月開催

2015年10月のマイナンバー通知まで、あと数カ月となりました。マイナンバー制度に対応するための時間が残り少なくなった今、確実かつ効率的な実務対応が必要です。当セミナーでは、民間企業が具体的にどのように対応しなければならないのか、業務フローや情報管理の在り方について提言しました。今回のオービック情報セミナーの中で最も多くの申し込みがあり、早い時間帯の講演にもかかわらず非常に多くの企業担当者が詰め掛けました。

「統計学が最強の学問である」の著者が語る!
意思決定者へ提案するための統計解析術

西内 啓 氏
統計家
2015年2月開催

最善の意思決定のためには、何をゴールとし、何を分析し、何を明らかにしていくべきか?ベストセラー作家であり最強の統計家である西内啓氏が、独自の統計解析術を伝授。同氏の統計解析による課題解決フレームワークと実践法を、直接学ぶことができる貴重な講演となりました。また、関連して、オービックからOBIC7による情報資産活用のデモンストレーションがありました。

準備・対策はもうお済みですか?!
知らないでは済まされない
企業に求められるマイナンバーの適正な取扱いと最新動向

渡邉 雅之 氏
弁護士法人 三宅法律事務所 弁護士
2015年2月開催

2016年1月の施行まで1年を切ったマイナンバー制度。企業が受け入れ体制を整えなければならない2015年10月までは、わずかな準備期間しか残されていません。これからの対応に際して考慮すべきポイントについて解説されました。雨の中のセミナーにかかわらず、予定通りサテライト会場も含めて満席となり、マイナンバー制度への関心の高さをうかがわせました。

ロジスティクス新解釈&新活用
戦略物流で企業力UP!なぜ成長企業は物流に長けているのか?

角井 亮一 氏
株式会社イー・ロジット チーフコンサルタント
2014年10月開催

今、「物流」が注目を集めています。その理由を角井氏は、「成長企業のほとんどは物流を得意としており、物流を企業の競争優位にして戦っています。それは、物流がまさにボクシングのボディーブローのようなもので、その連発で、競合企業を倒しているからです」と指摘します。それでは、成長企業はどのような物流戦略を展開しているのでしょうか。企業の経営層や企画部門の方など直接の物流担当部署以外の方々も多く参加いただき、朝一番のセミナーにもかかわらず用意された席は開場後すぐに満席となりました。

〜地域経済活性化へのストーリー〜
『地域金融機関に求められる、5〜10年後を見据えた収益基盤の構築について』

澁谷 耕一 氏
リッキービジネスソリューション株式会社 代表取締役/神奈川県政策顧問
2014年6月開催

出生率の低下、都市部への人口流出、少子高齢化の加速、国内産業の空洞化など、地域経済はさらなる厳しさが予想されます。このため地域金融機関には、地域経済を活性化する金融仲介機能やコンサルティング機能が求められ、特に『金融・産・学・官』の連携は不可欠です。当セミナーでは、いま地域金融機関が何をすべきかを、わかりやすく解説しました。切迫する課題だけに、参加者はメモを取りながら熱心に受講していました。

〜景気上昇に伴い、着実に見えるオフィス市場の回復傾向に死角はあるか?〜
全国・首都圏におけるオフィス賃貸市場の最新動向と分析

竹内 一雅 氏
株式会社ニッセイ基礎研究所 金融研究部門 不動産市場調査室長
2014年6月開催

景気回復に伴い、不動産業の景況感も改善が進んでいます。東京都心部では、2012年前半の大量供給の影響を脱し、好立地のAクラスビルや大規模ビルを中心に、賃料の上昇や空室率の低下が顕在化しています。一方で、賃料や稼働率の回復を実感できないビルも多いと思われます。当セミナーでは、現在のオフィス市況と今後の見通しについて、PM業界・BM業界の皆さまに向けて解説しました。

マイ・ナンバー制度の最新状況と対応のポイントについて

春日 丈実 氏
三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 チーフコンサルタント
2014年2月開催

にわかに注目を集めている「社会保障・税番号(マイ・ナンバー)制度」。2013年5月24日に「共通番号法(マイナンバー法)」が成立し、2016年1月から「社会保障・税番号制度」が実施されることになりました。企業においては、個人番号の取得、保管などの管理体制やシステム対応について検討が求められます。そもそもこの制度にはどのような影響があり、どのような対処が必要なのでしょうか。

金融機関から見た、企業に求められる在庫・売掛債権管理の体制について
〜動産・売掛債権担保融資(ABL)および「でんさい」の今後の展開について〜

久保田 清 氏
NPO法人日本動産鑑定理事長(ABL協会理事・与信管理協会理事)
田中丸 修一 氏
電子債権アクセプタンス株式会社 代表取締役社長/NPO法人日本動産鑑定 理事
2014年2月開催


中小企業の成長・再生支援を強力に推進している、アベノミクスの「成長戦略」。中でも注目されているのが企業の在庫・売掛債権管理の強化です。当セミナーでは、企業が金融機関から融資を受ける際に求められる在庫管理、および「でんさい」を中心とした売掛債権管理のポイントとソリューションについて、日本動産鑑定 久保田氏と電子債権アクセプタンス 田中丸氏、さらにオービックが登壇しました。極めて興味深い新たな融資手法の登場に、メモを取りながら聞いている方が多くいました。

経営参謀に求められる戦略的ノウハウ<卸売業向け>
企業収益改善に向けたデータ分析・活用法

久保 裕滋氏
KMコンサルティング株式会社 代表取締役社長
2013年10月開催

成長し続ける企業に求められる販売戦略、コスト分析とは?経営層はどのようなデータや資料を求めているのか?日々蓄積されるデータをいかに有効活用して経営層の意思決定を促すのか…?当セミナーでは、経営参謀に求められるデータ分析・活用の視点を体系的に解説するとともに、「卸売業の企業収益向上」に焦点をあて、具体的事例を交えた実践的な解説がなされました。また、久保氏の講演を受けてオービックからOBIC7に用意されている分析ツールが紹介されました。

小売・チェーン店の経営計画を実現させる
利益管理(管理会計)の勘どころ

茂見 憲治郎 氏
有限責任監査法人トーマツ 公認会計士
2013年6月開催

変化のめまぐるしい経営環境の中、各店舗が中期経営計画を確実に実行していくには、店舗ごとの利益管理の仕組みが不可欠です。その利益管理を実現する管理会計について、特に運用・実行面に焦点を当てて実例を交えながら紹介しました。来場者に問いかけたり、講演途中で質問が飛び出したりするなど、活発な雰囲気の講演となりました。

CRE(企業不動産)戦略の第一人者が語る
企業価値向上とCSR(企業の社会的責任)の実践に向けたCRE戦略

百嶋 徹 氏
株式会社ニッセイ基礎研究所
社会研究部門 主任研究員
2012年10月開催

企業経営にとって重要性を増す企業不動産(CRE:Corporate Real Estate)。不動産を経営資源の1つに位置付け、活用・管理・取引に際し、企業価値最大化の視点から最適な選択を行うのがCRE戦略です。百嶋氏は、CRE戦略の重要性をいち早く主張し、その普及啓発に努めてきました。そこにはCSRの視点が欠かせないという、独自の主張がありました。

OBIC7活用セミナー
その情報本当に活用できてますか?
—製造業における指標の活用法考察—

尾田 友志 氏
マネジメントテクノロジーズ,LLC 代表
株式会社 オービック
2012年6月開催

製造業におけるIT活用とは?
日々の業務を通じて蓄積される膨大な情報を、生きた情報として経営判断に活用するために、情報をどう活用すべきなのでしょうか?
当セミナーではまず、システムに溜められたデータを生きた情報に変え、経営に活用できるように、経営者/管理職/現場担当者のそれぞれの視点から、より良いシステムの活用方法や経営指標の考え方を具体的に探っていきます。
次に、製造現場で実際に起こり得るシチュエーションを幾つか取り上げ、統合業務ソフトウェア「OBIC7」によるシステム活用やデータ出力の運用具体例をご紹介します。
そして、そこから得られたデータや情報を「経営者様の視点」あるいは「生産ライン管理者様の視点」でどのように判断・活用したら良いのか、その考え方のポイントについてマネジメントテクノロジーズ,LLC代表の尾田様より実務的に解説いただきます。

導入企業の社長が語る
次期システム構築に向けての社内プロジェクト体制と取り組み

鈴木 一哉 氏
サンリツオートメイション株式会社 代表取締役社長
2012年2月開催

多くの企業では、それぞれの視点に基づき、さまざまな情報システムが構築されています。では、企業にとってシステム構築成功の判断基準はどこにあるのでしょうか。自ら代表取締役社長を務める鈴木氏は「経営者の『思い』がどれだけ反映されているか、満たされているかにある」と語ります。そんな鈴木氏に、今回はシステムを刷新する際の社内プロジェクト体制や取り組みについて語っていただきました。最後には質問も活発に交わされる有意義なセミナーとなりました。

企業価値向上のためのCRE戦略

斉木 正人 氏
一般財団法人日本不動産研究所 特定事業部 企業資産評価室長/不動産鑑定士/再開発プランナー
2012年2月開催

IFRS、減損会計、環境重視などにより、不動産に対する認識が大きく変わってきました。適切な不動産マネジメントなしではリスクとなる危険性が高く、CRE戦略が重要視されています。このセミナーでは日本のCRE戦略をリードしてきた日本不動産研究所の斉木 正人 氏から、その実践方法が紹介されました。

利益を確保する企業が実践 現場部門と幹部が考える社内システム 次の一手とは

2011年6月開催

継続的に利益を生み出す企業と、そうではない企業にはどんな違いがあるのでしょうか?「B11 持続的な利益を確保するための計数管理の勘所」では、前者の場合、単純な利益管理や予実管理ではなく、製造部門あるいは販売部門のデータと経理データを結びつけ、関連性を発見することが不可欠と指摘しています。これを受けて、当セミナーでは、最新の事例を踏まえた「次の一手」となるシステム構築手法をご紹介します。

経営に活用できる原価計算の実践ガイド
製造業に有用な原価情報とは?

大塚 勝弘 氏
ファイブタランツ・コンサルティング 株式会社 代表取締役/公認会計士
2011年2月開催

事業活動の効率化や経営資源の最適配分は企業における普遍的な課題です。その課題を達成するためには原価情報が欠かせませんが、提供された原価情報を正しく理解することが必要です。公認会計士である大塚氏を迎え、製造業における有益な原価計算プロセスについて、事例を交えながら詳しく解説していただきました。実務的な考え方に目からうろこの内容でした。

貴社の業務改善に今すぐ役立つ
「物流業務改善の実務」

横山 英機 氏
株式会社 流通エンジニアリング 代表取締役
2011年2月開催

セミナー冒頭で、前日に新大阪駅のキオスクで見つけたという現場写真をスライドに映した横山氏。ほかにも物流拠点の移転を行った医薬品会社や、移動距離の無駄を指摘した通販会社の物流倉庫の実例など、物流現場における実例を次々と写真入りで紹介していきます。会場では、自社の環境を思い浮かべながら写真を凝視する方が、数多く見られました。

今後のセミナー開催案内をご希望の際は下記よりお問い合わせください。(案内状が出来次第、ご連絡させていただきます。)
  • お電話でのお問い合わせはこちら

    フリーダイヤル0120-023-019(受付時間:平日9:00〜17:30)

    Webフォームでのお問い合わせ

    情報システムセミナーなどのご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。
    メールにて情報を案内させていただきます。

    メールにて案内を受け取る