アメリカンフットボールチーム「オービックシーガルズ」 - オービックがスポンサードする理由(ワケ)

スポンサードする理由

オービックは、2003(平成15)年4月(※)より日本社会人アメリカンフットボールリーグ(通称Xリーグ)に所属する「オービックシーガルズ」をスポンサードしています。
アメリカンフットボールは、あらゆるスポーツの要素が盛り込まれた“最も知的な競技”と称されます。鍛え抜かれた肉体同士が激突する迫力も魅力ですが、体力だけではなく、相手の戦略や戦況を分析し、フォーメーション(陣形)や作戦を瞬時に決断し、それを攻守のスペシャリストたちが実行する。この高度な戦略性とスピード感あふれる試合展開こそ、アメリカンフットボールの醍醐味といえます。それは、現代の企業経営やビジネスにも通じるところがあります。また、Xリーグが掲げる理念「よりよき社会人のための、より良き社会人を育てる、より良き社会人によるリーグ」にも共感し、当社は「オービックシーガルズ」をスポンサードすることで、アメリカンフットボールの普及・発展をサポートしていきます。

※1983年(昭和58年)にリクルート社内にて創部。88年より、日本社会人協会に加盟し、89年に東日本1部に昇格。96年度にはXリーグ初代王者となり、ライスボウルも制した。その後、03年よりオービックがメーンスポンサーとなり、チーム名も「オービックシーガルズ」となる。

アメリカンフットボールとビジネスの共通点

1.情報

アメリカンフットボールは、スポーツの中でも情報力が重要なウェイトを占めるスポーツです。企業経営においても、情報システムを活用し、組織力の強化や業務の最適化を図ることが求められています。

2.分析

チーム内の分析専門者が相手チームの戦力や戦略をデータから分析し、試合を有利に進める作戦を探り出します。経営判断を的確に行うためには、スピーディーかつさまざまな切り口からのデータ分析が必要不可欠です。

3.戦略

戦略がチームの戦い方を決定します。全員の意思をまとめあげる非常に重要な要素です。企業経営における経営戦略も、企業の将来向かう先を決める重要な要素です。

4.決断

試合の状況や流れが刻々と変わる局において、監督ならび選手の一瞬の決断が試合の流れを決定します。企業経営においても、日々移り変わる市場や環境に対応すべく、的確かつ迅速な決断が競争力強化に結びつきます。

オービックシーガルズ 優勝実績

■日本社会人選手権(ジャパンXボウル)

優勝年対戦相手スコア
1996年オンワードオークス30-10
1998年アサヒビール45-24
2002年富士通フロンティアーズ14-7
2005年松下電工インパルス25-16
2010年パナソニック電工インパルス20-16
2011年富士通フロンティアーズ24-17
2012年鹿島ディアーズ27-24
2013年富士通フロンティアーズ24-16

■日本選手権ライスボウル

優勝年対戦相手スコア
1997年京都大学ギャングスターズ19-16
1999年立命館大学パンサーズ30-16
2006年法政大学トマホークス47-17
2011年立命館大学パンサーズ24-0
2012年関西学院大学ファイターズ38-28
2013年関西学院大学ファイターズ21-15
2014年関西学院大学ファイターズ34-16

TV-CM放映中

TV東京系
「ワールド・ビジネス・サテライト」で放映中

関連リンク