ホーム > オービックの強み > 経営を強くするERP「OBIC7」

経営を強くする「OBIC7」

OBIC7 オービックセブン V11達成 2002〜2012 国内ERP累計導入社数

オービックが自社開発したERP※1「OBIC7」シリーズは、11年連続で導入実績No.1※2に輝きました。その背景にあるのは、創業以来45年間で250業種・13,000社以上の構築経験と実績を活かし、要点を押さえた経営基盤強化を支援しているからです。

「OBIC7」シリーズは、会計を中心とする経営基盤を強化し、国際会計基準(IFRS)をはじめ、将来の制度改正にも継続フォローして企業の持続的な成長をサポートします。

また、業種特有の課題にも、業界事情に詳しい営業・SEが解決力を発揮して、幅広い業界・業種をカバーしています。

さらに、最新のクラウド技術にも対応。短期導入・スピード稼動・コストパフォーマンスを追求した最適なソリューションを実現します。

日本企業の経営・業務の特性を知り尽くし、最新の制度や技術を視野に入れたオービックのソリューションは、純国産ERPの代名詞のひとつとしてビジネス界に浸透し、お客様の経営を強くすることに貢献しています。

※1 ERP:Enterprise Resource Planningの略。企業全体を経営資源(ヒト・モノ・カネ)の有効活用の観点から統合的に管理し、経営の効率化を図るためのソフトウェアのこと。

※2 2002年〜2012年 ERP主要ベンダー(ライセンス売上高シェアトップ10)における累計導入社数(株)矢野経済研究所調べ 2012.12現在

フロントソリューション 経営情報 会計情報システム 生産情報システム 製造業 就業情報システム 建設工事業 人事情報システム 不動産関連業  金融機関業 給与情報システム 卸・物流業  販売情報システム 小売・サービス業