ホーム > 仕事とキャリア > 研修内容

研修内容

研修体系

製販一体型の直販ビジネスを展開するオービックでは、顧客企業との直接対話が基本となる職種が多く存在します。これらの職種では、ビジネススキルやITスキルに加え、高度なヒューマンスキルが要求されます。

自分で考え、自分で行動する姿勢を身につけるために、研修も「自学自習」が基本。OJTを含む実務経験の中で必要と感じたものを「自ら選んで、自ら学べる」3階層の研修システムを運用しています。

第1フェーズ オービック社員として必須のスキル(コミュニケーション・リーダーシップ・マネジメント力) 第2フェーズ専門性の高い知識・情報(テクニカル・設計・業務知識・業界ノウハウ) 第3フェーズ OBIC独自手法仕事力強化(事例研究・標準化・OJT)

新入社員研修

机上の空論ではない実践スキルを習得する

新入社員研修では、まず全職種共通の入門研修を実施。社会人には欠かせないビジネスマナーやパソコンの基礎的な知識、簿記に関する知識などを習得します。

その後、ITにまつわるひと通りの分野を学ぶ共通研修を経て、職種ごとに分かれ、その職種に必要な知識を学ぶ研修内容へとステップアップしていきます。社内での集合研修(OFF-JT)と、現場の仕事を通じた実務研修(OJT)を効果的に組み合わせて、専門性を高めていきます。

新入社員研修は、現場で活躍中の若手・中堅の先輩社員が直接指導。机上の空論ではなく、現場で発揮できる実践スキルが身につけます。文系出身者でITに対する事前知識が少ない場合でも、ITプロフェッショナルへしっかりと導く研修内容となっています。

入社2年目以降の研修

長期的な成長を支援する充実したプログラム

入社2年目からのカリキュラムは、階層別に行われる「ビジネススキル研修」と、各部署や職種による「専門研修」を組み合わせています。「専門研修」では個人のスキルアップにつながるよう、多彩な研修内容から自分で学びたい研修を選択する形式になっています。「ビジネススキル」と「専門知識」の双方で向上が図れるように配慮した仕組みとなっています。