ホーム > 仕事とキャリア > 職種紹介

職種紹介

仕事の流れ

仕事の進め方の特徴は「チームプレー」であること。
お客様の課題と向き合うために、営業であってもシステムの知識は必要であり、SEであっても積極的にお客様と対話する。それぞれのスペシャリストが協力し合って、プロジェクトチームを結成し、仕事を進める。
このチームワークが、お客様に満足していただけるシステムの構築につながります。

システム企画・導入コンサルティング システム設計 インフラ構築 プログラム開発 稼働支援(納品・教育) フォロー&サポート

強固な連携で構成されたオービックの職種

オービックは、情報システムに関するすべての業務を自社内で行い、高い信頼と競争力を勝ち得てきました。

その背景には、あらゆる職種の社員がスムーズに連携する体制があります。職種の枠組みに縛られずに自由に行き来する「オープン&フラット」な組織で、社員同士が円滑に情報を交換し、協力体制を築くことで、「製販管一体」「ワンストップ・ソリューション」の体制を維持しています。

営業系 この職種の社員紹介 システム系 この職種の社員紹介 管理系 この職種の社員紹介 営業 仕事内容を見る マーケティング推進 仕事内容を見る システムエンジニア(SE)[アプリケーション/ネットワーク] 仕事内容を見る インストラクター(INST)仕事内容を見る プログラムエンジニア(PE)仕事内容を見る ソリューション開発 仕事内容を見る カスタマーエンジニア 仕事内容を見る 管理・事務部門スタッフ 仕事内容を見る

仕事内容

営業

あらゆる業界・業種の企業にアプローチし、顧客企業を新規に開拓しながら、経営課題を解決するソリューションを提案する。オービックの窓口となって、コンサルティング、システムの提案、システム導入後のフォローに至るまで、仕事の領域は幅広い。

マーケティング推進

営業を技術面、業務面の両方から支援する職種で営業とSEの中間領域に位置する。営業の課題解決方法を、より具体的にシステムによってどう実現するのかを考えるのがマーケティング推進である。

システムエンジニア(SE)[アプリケーション/ネットワーク]

システムの設計・開発を中心になって進める職種。システムを設計するためには、ITの専門技術も必要だが、経営に関わる業務知識とコミュニケーション能力を発揮して顧客の課題の本質を見抜く必要がある。また、PE・INST等のメンバーをリードしてチームワークを醸成しながらプロジェクトを成功へ導く、プロジェクトマネージャーの役割も担う。

プログラムエンジニア(PE)

アプリケーションを開発する職種。SEが手がける基本設計をもとに、システム詳細設計、および、プログラミングを担当する。ユーザーインターフェースや操作性の良し悪しは、プログラムエンジニアの仕事にかかっているとも言える。

インストラクター(INST)

システムを納品する際、動作確認や操作指導といった一連の導入サポート全般を行う職種。いくら使いやすいシステムを設計しても、実際に使いこなせなければ、宝の持ち腐れである。逆に上手に使いこなせば、大きな威力を発揮する。インストラクターは、ユーザーの力を伸ばすことで、システムの可能性を高める仕事と言える。

カスタマーエンジニア(CE)

ハードウエアやOSに関する深い知識を持ち、インフラのレイアウト設計、構築、環境設定、システム稼働後のサポートを担当する。システムの使いやすさを決めていく上で、お客様から大きく信頼される業務である。

ソリューション開発

自社ERP「OBIC7」を中核とした自社ソリューションの開発を担当する。日頃から社内の営業・SEとの対話を密にして顧客企業にとって最良なソリューションを考案する。また、最先端技術、企業経営に関わる法律の改正等、常に最新トレンドをリサーチして自社ソリューションに反映させる。

管理・事務部門スタッフ

総務、人事、経理、業務、経営企画、広告宣伝、広報、秘書、受付などの管理部門を担当。また、各部門の間接業務を担当することもある。オービックという組織を、一つにまとめて機能させる上で欠かせない仕事。組織全体を見る視野や長期的に考える姿勢が必要となる。