Autodesk Inventor 2014

機械設計およびシミュレーションのための3D CAD

概要

3D設計への移行に、もう迷う必要はありません。Autodesk Inventorは、機能美を追求するデザインツール、用途別の設計ツール、さらにデータ管理機能をも備えた製品群です。お客様個々の設計上のニーズに最適なソリューションが用意されています。3D設計への移行を考えるAutoCADユーザの皆様をはじめ、すべての2Dで設計されている方々にとって、Autodesk Inventorの導入が最適な選択です。

Autodesk Inventor 2014の特長

製品ライン全体を設計

大規模なアセンブリの開発において3D設計の利点を十分活用できます。詳細レベル表示機能により、モデルを開く時にアセンブリのどの部分を読み込むかを完全に制御できます。また、作業中のメモリ消費量を容量メータで監視できるので、アセンブリファイルが大きい場合は、まずアセンブリ構造を開いて簡単にレビューし、作業に必要なサブアセンブリだけを選択して開くことができます。

初回から高品質な製品を作成

画面上で3Dモデルによる構想設計を行うことで、より革新的で高品質な製品の開発を容易に行なえます。Autodesk Inventorは直感的かつビジュアルな設計環境でパーツやアセンブリをあつかえ、対話型の設計シミュレーションが可能で、試作や完成部品の製作に入る前に製品の機能を把握および決定できます。また、ポジションリプレゼンテーション機能により、同一アセンブリファイル内で複数の位置関係を設定できるので、駆動機構を持つ製品の設計検討も効果的に行えます。

市場投入までの時間を削減

設計変更を関連モデルへ自動的に反映し、ミスを減らすことで、製品の市場投入期間を短縮します。パーツやアセンブリを設計意図に従って関連付けし、あるパーツに加えられた変更が、関連付いているすべてのアセンブリモデルと図面ファイルに反映されます。また逆に、アセンブリへの変更はパーツや図面ファイルに反映されます。つまり、パーツやサブアセンブリなどの関連付けられたコンポーネントを編集すると、その変更はすべてのパーツ、アセンブリ、図面などの関連ファイルに反映されます。

ファイルのインポート / エクスポート

Autodesk Inventorは、3Dモデルや図面データのインポート / エクスポートにおいて多くの業界標準データ形式に対応しています。これにより、コラボレーションを強化し、AutoCADユーザ、サプライヤ、顧客とのデータ共有が可能です。
DWG、DXFTM、Pro / ENGINEER、SAT、IGES、STEPの各データインポートに対応し、SAT、IGES、STEP、STL、DWFの各形式でパーツおよびアセンブリファイルをエクスポートできます。図面データは、DWG(完全な画層マッピングを伴う)、DWF、DXF に対応しています。

資料請求・お問い合わせ

資料請求や製品へのお問い合わせはWeb、もしくはお電話で承っております。 システムの刷新をご検討の方、これからどのようにシステム検討を行っていけばよいかとお悩み、お考えの皆様、どうぞ弊社にお気軽にご相談ください。

Autodesk Inventor 2014に関する各種お問い合わせ
  • お問い合わせをする

    製品・サービスについてのご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。
    弊社担当よりご連絡します。

    お問い合わせをする

    各種資料請求をする

    製品・ソリューションについての各種資料を無料でご用意しています。お気軽にお問い合わせください。弊社担当より資料送付のご連絡をいたします。

    各種資料請求をする

  • お電話での資料請求・お問い合わせはこちら

    フリー
    ダイヤル
    0120-023-019(受付時間:平日9:00〜17:30)