Autodesk AutoCAD Mechanical

AutoCADをベースとした機械系CADシステム

概要

AutoCAD® Mechanicalを使用すれば、頻繁に行なう作業を自動化して、「作図」作業と設計変更による手戻りにかかる膨大な時間を大幅に短縮します。競争力を強化して、汎用のアプリケーションによって起こりがちな手作業の問題に悩まされることなく、「設計」作業に時間を費やすことができます。Autodesk AutoCAD MechanicalはAutoCAD® 製品群のひとつであり、ネイティブのDWG形式が使用されているので、世界中の取引先との間で情報をやりとりできます。

Autodesk AutoCAD Mechanical 2014の特長

複雑な作業や繰り返し作業を低減

2Dメカニカルストラクチャは、個々の線分、円弧、円を組み合わせてサブアセンブリやパーツとして定義し、アセンブリ構造を作成し、パーツ同士の依存関係も設定できるので、設計者が理解しやすい設計環境を作り出せます。この機能により、1つのパーツに対する変更が関連するストラクチャ全体に反映されるため、作図や設計変更にかかる時間を大幅に削減します。たとえば、パーツを移動すると関連付けられているねじ穴、ナット、ボルトもパーツと一緒に移動します。また、このような関連付けは設計図面全体を通じて機能するため、部品表や他のレポート機能にも同様に反映されます。このように、ストラクチャベースの設計は、設計ミスおよび設計工数を削減することができます。

作図の生産性向上

AutoCAD Mechanical上で、Autodesk Inventorのパーツ(IPTファイル)とアセンブリ(IAMファイル)の3Dモデルを利用しての図面作成を行うことができます。これにより、3次元設計との間で正確な連携を行い、ミスのない正確な設計を進めることが可能です。Autodesk Inventorのモデルに変更があれば、自動的にAutoCAD Mechanicalへ通知されるので、常に最新のデータを使って編集が行えます。AutoCAD Mechanical上でソリッドモデルのシェーディングや回転を行うことで設計された形状をより正確に確認したり、Autodesk Inventorのモデルに設定されているプロパティを確認することもできます。特にプロパティ情報はAutoCAD Mechanicalの部品表データベースに自動的に反映されるため、バルーンや注釈をすばやく正確に追加できます。

ミスの削減

締結部品の組み合わせを一度に処理することで設計時間を短縮できます。使用するボルトやナット、座金や取り付け穴の種類を選択すると、そのあとはボルトのサイズと締結部品を取り付ける位置を指定するだけで、自動的に全てが作図されます。修正する際にはサイズや部品の種類を選択し直すだけで更新されます。また、使用しているボルトの情報は、部品表にも反映されるので、ミスがなくなり、かつデータを常に最新の状態に保つことができます。

設計データの共有と管理

AutoCAD Mechanicalに統合されているAutodesk Vaultは、プロジェクトでの作業の際に、間違った上書きや変更履歴管理などといった設計変更に関わる作業を安全に管理できます。これにより、同じ作業の繰り返しや、間違ったデータを使用しての変更による編集ミスを回避することができます。

資料請求・お問い合わせ

資料請求や製品へのお問い合わせはWeb、もしくはお電話で承っております。 システムの刷新をご検討の方、これからどのようにシステム検討を行っていけばよいかとお悩み、お考えの皆様、どうぞ弊社にお気軽にご相談ください。

Autodesk AutoCAD Mechanicalに関する各種お問い合わせ
  • お問い合わせをする

    製品・サービスについてのご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。
    弊社担当よりご連絡します。

    お問い合わせをする

    各種資料請求をする

    製品・ソリューションについての各種資料を無料でご用意しています。お気軽にお問い合わせください。弊社担当より資料送付のご連絡をいたします。

    各種資料請求をする

  • お電話での資料請求・お問い合わせはこちら

    フリー
    ダイヤル
    0120-023-019(受付時間:平日9:00〜17:30)