導入事例 オービックの大手企業・企業グループへの数々の導入実績の中からその一部を紹介します。

大規模流通企業グループの「人事(総務系)ソリューション」導入事例

株式会社JR東日本リテールネット様

「エキナカビジネス」のトップランナー企業のグループ就業・給与・人事システムの刷新事例を紹介します。
1200拠点、1万数千人規模の多種・多様の雇用形態に対応するため汎用機にて構築されていたシステムの再構築になぜオービックのソリューションが選ばれたのかご確認ください。

小売業特有の多様な雇用・就業形態と複雑な給与体系に対応し、<就業・給与・人事>管理を刷新。

「エキナカビジネス」が脚光を浴びている。多数の乗降客が朝から晩まで行き交う駅の構内ではいま、小売(リテール)ビジネスの華々しい競争が繰り広げられている。

JR東日本リテールネットは、JR東日本グループの小売事業の中核企業として、1日約1,600万人が行き来するJR東日本の駅を商圏に、コンビニNEWDAYS、駅売店KIOSK、専門店などの業態からなる約1,350店舗を展開している。事業の拡張、多角化とともに人員の増加、雇用形態の多様化が進み、旧システムでは対応が困難になっていた同社では、オービックのソリューションで勤怠・給与・人事管理へ刷新した。

課題

エキナカビジネスのトップランナーである同社では、実は頭の痛い問題を抱えていた。それは、小売業の基本である「人」の管理を担う、就業・給与・人事システムの陳腐化であった。

総務部のシステム担当者は当時を以下のように語る。

「社員数約1,400名に対し、アルバイト・パートなどの人員が多く、給与計算の対象となる人数は1万数千人規模になります。しかも、正社員・出向社員・年間契約・パート・アルバイトなど雇用形態や勤務形態が多種多様です。このため勤務予定管理はシステム化が難しく、従来は店長が予定表を紙に書き報告し、それをホスト系オリジナルシステムに入力するという方法を採らざるを得ませんでした。また給与体系も複雑で旧システムはブラックボックス化していました」

システム概要

システム概要図 大規模流通企業グループの「人事(総務系)ソリューション」

ソリューションの特長

ホスト系オリジナルシステムからERPへ転換

従来のシステムでは、労働法制の変更や社内の組織改変などへ対応するためのシステム変更にも苦労しており、将来の戦略的人事制度の導入を視野に入れて、ERPをベースとしたシステム導入を検討することにした。

この要望に応え、オービックが提案したのが、高い汎用性でさまざまな給与・人事ニーズに柔軟に対応できるオービックのOBIC7シリーズを中心としたユーザー目線のソリューションだった。

導入の効果

さまざまな変化にも柔軟な対応が可能に

旧システムでは、ちょっとした変更を加えるたびに外注でプログラム改修をしなければならず、時間とコストが大きな負担になっていた。そこで、新システムの検討においては、当初からパッケージソフトをベースとすることが基本路線だった。しかし、検討途中で大きな組織改革が実施され、以前にも増して社員群のクラスターが多様化し、履歴管理も複雑を極めた。それでも給与パッケージの柔軟な設定機能をフルに活用することで、その難問にも対応できた。

「世の中の動きに対応しやすくなったというのが実感です。労務法制の変更に対してもパッケージの方が都合がいいですね。大抵のことなら、自分たちで修正できますので、このシステムを選んだメリットは大きいと思います。」(総務部担当者談)

以前ならシステム会社に外注し、コストがかかっていた約1万人が異動する大規模な人事改正を、ほとんど社内の3名のスタッフで対応できたそうだ。

給与計算も格段に早くなったという。旧システムでは40〜50分必要だった給与計算が、わずか10分ほどで完了してしまう。また入力漏れなどが発生しても何度でも繰り返し実行できる。これにより、決算早期化にも対応できるようになった。

戦略的人事制度の導入に向けて

次ステップでは、「通勤定期券・通勤費の管理システム」などの導入が計画されている。

エキナカビジネスで成長を続ける同社にとって、お客様満足の向上は最大の経営テーマであり、このCS向上に欠かせないものが、小売業の基本である「人」。販売の最前線で働くかけがえのない人材を確保し、育てる。そのため、組織や人事制度は絶えず見直しが行われる。今後もさまざまな人事戦略への対応は続く。

お客さまの声

総務部のシステム担当者は今回のシステム選定について以下のように語ってくれた。

「新システム選定については、数社からプレゼンテーションしていただき比較検討しました。オービックに決定した理由としては『画面の見易さ・操作性の良さ』などのパッケージとしての完成度の高さに加え、『パッケージへのデータの出し入れのし易さ』駅構内の環境での就業端末の設置などオービック・アマノ、『両社合同の実績がJRグループにおいて既にあった』こと、また、『こちらの要求(業務要件)に対して、パッケージ機能で対応出来る事/出来ない事を明確に回答してくれた』ので、却って説得力があり、安心できました」人事(オービック)→就業&タイムレコーダー(AMANO)→給与(オービック)とデータ連携を行っているが、システム的な連携には全く不具合は無く、スムーズに稼動しているという。

関連ソリューション

お問い合わせ

資料請求や製品へのお問い合わせはWeb、またはお電話で承ります。システムの刷新をご検討の方、これからどのようにシステム検討を行っていけばよいかとお悩みの皆様、どうぞ弊社にお気軽にご相談ください。

電話

グループ経営管理ソリューションのお問い合わせはお電話でも承ります。

フリーダイヤル 0120-023-019

関連情報

  • 情報システム セミナーレポート

PAGE TOP