用語集

ERP

ERPとは、Enterprise Resource Planningの略で、企業資源計画と訳される。
社内のスタッフ、設備、資金、情報などあらゆるものを企業の資源と考え、これらの経営資源をいかに有効活用し、経営の効率化を実現するための考え方のこと。
生産管理の手法であるMRPの概念を、企業活動全体に拡げたものである。
ERPの実現にはシステムの導入が不可欠で、このシステムをERPシステムと呼び、このシステムを構築するためのソフトウェアをERPパッケージと呼ぶ。
パッケージと呼ばれるだけに、各業種や各業務プロセスに向けたパッケージが用意されている。

関連するリンク