オービック情報システムセミナー[2015年 夏]

実施されたセミナーより、いくつかご紹介します。

セミナーダイジェスト

6月9日(火)

A12
9:30-11:00
環境変化の激しい時代に考える
10年後の流通小売業界のあるべき姿とは
根本 重之 氏
拓殖大学商学部教授 / 公益財団法人流通経済研究所 理事

本格的な人口減少時代や、消費税率の引き上げを受けて、今後ますます小売店の競争は激しさを増していくことが予想されます。オムニチャネルやビッグデータ等が、マーケティング戦略に影響を与える様になった昨今、情報システム活用の重要性は高まり、企業のビジネスモデル変化により、集客・販促のための情報発信や店舗運営を効率化する店舗の「情報空間化」が、重要になってきています。当セミナーでは、厳しい環境変化の下、流通小売業界を勝ち抜く競争戦略について解き明かします。

根本 重之 氏:拓殖大学商学部教授 / 公益財団法人流通経済研究所 理事

A31
13:00-14:30
元国税局情報技術専門官が解説
いまさら聞けない!電子帳簿保存法のポイントと最新動向
袖山 喜久造 氏
SKJ総合税理士事務所所長 / 税理士

大幅な規制緩和で再度注目されている電子帳簿保存法。
大量の紙文書に悩んでいた企業にとっては、電子化を進める良い機会となり、これにより電子契約の普及加速にも大きく弾みがつくと考えられています。
当セミナーでは、国税関係帳簿書類の電子化に係る申請方法および規制緩和の内容について解説します。

袖山 喜久造 氏:SKJ総合税理士事務所所長 / 税理士

A32
13:00-14:30
〜変化する不動産市況をどう見る〜
全国・首都圏におけるオフィス賃貸市場の最新動向と分析
竹内 一雅 氏
株式会社ニッセイ基礎研究所 金融研究部 不動産市場調査室長

景気回復や円安などの進行に伴い、日本のオフィスビルへの関心が高まり、投資市場は活況が続いています。賃貸市場でも全国的に需要が高まり、特に東京都心部では好立地の新築Aクラスビルや大規模ビルなど競争力の高い物件を中心に賃料の上昇や空室率の低下が顕在化しています。その一方で、なかなか賃料や稼働率の回復を実感できないビルも多いと思われます。しかも今後、東京では大規模ビルの大量供給が計画されています。価格上昇の一方でまだら模様となっている現在のオフィス市況と今後の見通しについて、PM業界・BM業界の皆様に向けて解説します。

竹内 一雅 氏:株式会社ニッセイ基礎研究所 金融研究部 不動産市場調査室長

A41
14:50-16:20
制度導入によりできること・できないこと徹底解説!
マイナンバー法対応における情報管理体制の整備と社内規程の作り方と最新動向
渡邉 雅之 氏
弁護士法人 三宅法律事務所 弁護士

マイナンバー制度の下では情報漏えい等について法人への両罰規定を含めた厳しい罰則が定められているため、細心の注意を払う必要があります。
当セミナーでは、実務面からみた適切な情報管理、ガイドラインに沿った法的リスク対策に加え、『特定個人情報取扱規程』をはじめとする各種規程の作成・運用について解説します。
また、国が事業者様向けに公表しているガイドラインとQ&A解説から最新動向を探ります。

渡邉 雅之 氏:弁護士法人 三宅法律事務所 弁護士

A53
16:00-17:00
〜これからのビルメンテナンス業界にむけて〜
IT時代とビルメンテナンス
橋本 有史 氏
三幸株式会社 代表取締役 / コムコ株式会社 代表取締役

大手システムベンダーからビルメンテナンス業界まで幅広い経験と見識を持たれている本講師の視点より、ビルメンテナンス業界が目指すべきIT化とはどういったものか。現状の課題を踏まえつつ、データに基づくマネジメント、ビッグデータ時代のマーケティング、情報セキュリティなどいくつかのテーマより紐解き、データをいかに経営(マネジメント)に活用していけば良いのかを独自の視点から解説します。

橋本 有史 氏:三幸株式会社 代表取締役 / コムコ株式会社 代表取締役

6月10日(水)

B12
9:30-11:00
物流コスト分析で企業力UP!
『その料金提示、利益出てますか?』
吉原 和彦 氏
株式会社ロジスティクス・サポート&パートナーズ 代表取締役

皆さんのその顧客、本当に儲かっていますか?これまではセンター全体で利益が出ていれば良しとしていた考え方を、輸配送コスト・作業負荷別コストを見える化することにより、顧客別・事業別での利益の把握ができます。また、継続的に利益を出せる仕組みとしてのレイバーコントロールと現場社員のモチベーション向上の仕掛けが必要です。
当セミナーでは物流企業、荷主企業の両面から事例を交えて解説し利益向上のヒントをお伝えします。

吉原 和彦 氏:株式会社ロジスティクス・サポート&パートナーズ 代表取締役

B31
13:00-14:30
OBIC7人事給与情報ソリューションでグループ企業の業務標準化を推進!
三菱重工グループにおける「シェアード」と「マイナンバー」への取り組みと展望
野村 聡 氏
MHIパーソネル株式会社 代表取締役社長

三菱重工の国内グループ企業は、約百社におよび、社員数は数十人から数千人と人員規模もさまざまです。業種・業態も多岐に渡ります。
その三菱重工グループにおいて、オービックシステムのクラウド型展開やシェアードサービスをどう推進し、迫るマイナンバーにどう対応していくのか。
当講演では、グループにおける「システムのクラウド型展開」、「シェアード展開」、「OBIC7によるマイナンバー対応」、「マイナンバーの人事系実務としての取り組み」についてMHIパーソネル代表取締役社長の野村氏より、解説いただきます。
※MHIパーソネルは、三菱重工業およびグループ会社の人事給与関連業務を支えるプロフェッショナル集団として、人事部門より分離独立し設立されました。

野村 聡 氏:MHIパーソネル株式会社 代表取締役社長

B32
13:00-14:30
業務で効果を出すためのERPの戦略的活用
グローバルを勝ち抜く“強い事業”のIT戦略
北山 一真 氏
株式会社プリベクト 代表取締役

グローバル競争を勝ち抜くために、競争力ある製品/儲かる製品/コンペで勝てる製品を創るための情報基盤は必須です。ERP導入によりさまざまな情報の見える化を実現させ、そしてその情報を強い事業に生まれ変わらせる活用が求められています。ITから業務を変え、意識を変え、効果を出すために必要なERP・PLM・ものづくり管理会計のあり方について解説します。

北山 一真 氏:株式会社プリベクト 代表取締役

B51
16:00-17:30
2016年4月労働基準法改正!労働時間法制が大きく変わる!
佐藤 修 氏
佐藤社会保険労務士事務所 代表 / 社会保険労務士

平成31年4月から企業規模にかかわらず月間60時間超の時間外手当が50%割増になるなど、長時間労働の抑制が企業にとって喫緊の課題になってきています。当セミナーでは、今回の法改正の中でも「フレックスタイム制の要件緩和」や「年次有給休暇の付与義務化」などを中心に長時間労働の抑制をどのように進めていくべきかお話させて頂きます。
※当セミナーは、6月12日(金)にも同一内容で開催します。(D11)

佐藤 修 氏:佐藤社会保険労務士事務所 代表 / 社会保険労務士

6月11日(木)

C11
9:30-11:00
本年10月の個人番号通知開始への備えはいかがですか?少ない残り時間で確実な対応を
マイナンバー法への実務対応総チェック
大澤 貴史 氏
牛島総合法律事務所 弁護士

10月に行われるマイナンバーの番号通知まであと数ヶ月となりました。民間企業がマイナンバー対応をするために残された時間が少なくなる中、確実かつ効率的な実務対応が必要です。
当セミナーでは、民間企業におけるマイナンバー対応として具体的にどのように対応しなければならないのか、「事務」の構築については【マイナンバー法・業務フロー構築】、「情報管理」体制の構築については【マイナンバー法・情報管理】でそれぞれ詳しく解説します。

大澤 貴史 氏:牛島総合法律事務所 弁護士

C12
9:30-11:00
〜企業の収益向上に大きなウエイトを占めるIT金融サービス〜
金融サービスの革新と企業の資金管理の最新手法
島田 直貴 氏
株式会社金融ビジネスアンドテクノロジー 代表

行政が推進する決済高度化については、金融業界でも積極的に対応する気運となっています。ビッグデータ、クラウド、IoTなどのIT技術が金融サービスに応用され革新的なサービスが実現されようとしています。当セミナーでは新たなIT金融サービスを利用する企業の資金管理手法と金融業界におけるITの戦略的活用方法について分かりやすく解説します。

島田 直貴 氏:株式会社金融ビジネスアンドテクノロジー 代表

C31
13:00-14:30
戦略ストーリーを創るセンス
−企業の「稼ぐ力」はどこから生まれるのか−
楠木 建 氏
一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授

今まで多くの経営戦略フレームワークが提唱され、戦略立案のスキルが強調されてきました。しかし、優れた戦略ストーリーを創るために一義的に必要なのはスキルではなく「センス」であると考えます。
スキルとセンスを対比し、企業の「稼ぐ力」を生み出す、優れた戦略を創るためのセンスを解き明かします。

楠木 建 氏:一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授

C32
13:00-14:30
〜顧客との絆を深め、新たな価値を創造〜
事業性評価に基づく融資推進と顧客基盤の創出
藤田 雅彦 氏
日本ビジネスドック株式会社 CBC経営診断士・MBA

昨今、金融機関にとって関心の高い『事業性評価』に基づく融資推進と顧客基盤の創出について、業種別に実際のコンサルタント事例を交えてわかりやすく解説します。
企業の潜在力、将来に向けた真の企業力を適切に評価する方法や具体的な支援活動はもとより、これまでの金融機関向け研修で受けた質問事項も織り交ぜて実務に直結した内容となります。

藤田 雅彦 氏:日本ビジネスドック株式会社 CBC経営診断士・MBA

6月12日(金)

D11
9:30-11:00
2016年4月労働基準法改正!労働時間法制が大きく変わる!
佐藤 修 氏
佐藤社会保険労務士事務所 代表 / 社会保険労務士

平成31年4月から企業規模にかかわらず月間60時間超の時間外手当が50%割増になるなど、長時間労働の抑制が企業にとって喫緊の課題になってきています。当セミナーでは、今回の法改正の中でも「フレックスタイム制の要件緩和」や「年次有給休暇の付与義務化」などを中心に長時間労働の抑制をどのように進めていくべきかお話させて頂きます。
※当セミナーは、6月10日(水)にも同一内容で開催します。(B51)

佐藤 修 氏:佐藤社会保険労務士事務所 代表 / 社会保険労務士

D12
9:30-11:00
商社に求められるこれからの差別化戦略とは
押さえておくべき、中堅生産財卸・商社を取巻く事業環境
三村 信明 氏
株式会社船井総合研究所

企業のグローバル化が進む中で、商社は自社の存在意義を認識し、より一層差別化戦略が求められています。収益力を上げるためのマーケティング戦略、生産性を上げるための業務改革について、講師が現場で取り組んでいるコンサルティングの事例を中心に、具体的にわかり易く、自社でも実行できるノウハウを中心に解説します。

三村 信明 氏:株式会社船井総合研究所

D31
13:00-14:30
国際税務の今!!!
国際情勢についての現状と今後の展望
片瀬 陽平 氏
株式会社マイツ 経営開発事業部 シニアコンサルタント

近年のグローバル化により業種、業態に係らず、海外でのビジネスを余儀なくされております。
特に、マーケットが大きく7%以上の成長率を保っている中国や、それに続くASEAN諸国、大手自動車メーカーの進出に伴い、日系企業の進出が急増しているメキシコは、海外ビジネスを検討するうえで欠かせない国になっています。
当セミナーでは、それらの国を中心に国際情勢の現状や、今後の展望について解説させて頂きます。

片瀬 陽平 氏:株式会社マイツ 経営開発事業部 シニアコンサルタント

D32
13:00-14:30
業績アップの処方箋!
売上を2倍にするたった5つの原理原則
中丸 秀昭 氏
仕組み化で最短ルートの成長発展に導く導線経営コンサルタント

卸売業・法人営業において、売上を2倍にすることは難しいことではありません。ある卸売業では全く伸びなかった売上が対前年比400%を超えました。なぜか?それは「あること」を実践したからですが、それを実践している企業は大企業・中小企業を問わず、1割にも満たないのが現状です。これでは上がるはずの売上も上がりません。業績の良い卸売業・法人営業は何をしているのか?その手法とはどのようなものなのか?売上倍増を必達に導く営業戦略の考え方と手法を余すことなくお伝えします。

中丸 秀昭 氏:仕組み化で最短ルートの成長発展に導く導線経営コンサルタント

D51
16:00-17:30
設備投資決断のチャンス!
利用実態からみる「生産性向上設備投資促進税制」の実務ポイント
折茂 雄一郎 氏
辻・本郷ビジネスコンサルティング株式会社 部長

平成29年3月31日までの設備投資計画について、即時償却もしくは50%の特別償却・税額控除等の税制優遇を受けられる“生産性向上設備投資促進税制”が制定されました。特に、「生産ラインやオペレーションの改善に資する設備」導入を中心とする事例では、『投資計画書』の作成など各種申請には実務上のコツが必要です。当セミナーでは、税制の概要を分かりやすく解説しながら、申請に関する、実務上のポイントやノウハウをご紹介します。

折茂 雄一郎 氏:辻・本郷ビジネスコンサルティング株式会社 部長

今後のセミナー開催案内をご希望の際は下記よりお問い合わせください。(案内状が出来次第、ご連絡させていただきます。)
  • お電話でのお問い合わせはこちら

    フリーダイヤル0120-023-019(受付時間:平日9:00〜17:30)

    Webフォームでのお問い合わせ

    情報システムセミナーなどのご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。
    メールにて情報を案内させていただきます。

    メールにて案内を受け取る