情報システムセミナー[2015年 夏]ERP 〜これからのビルメンテナンス業界にむけて〜
IT時代とビルメンテナンス

橋本氏は大学卒業後、大手システムベンダー(シンクタンク)に就職。その後、実家のビルメンテナンス事業を継ぎ、2003年からはソフトウェア開発会社コムコの経営にも参加しています。当セミナーでは、IT業界とビルメンテナンス業界に、幅広い経験と見識を持つ橋本氏が、ビルメンテナンス業界が目指すべきIT化の要点を、いくつかのキーワードから解き明かします。興味深い内容に、多くの来場者が静かに聞き入っていました。

2015年6月9日(火) 東京会場

A53
16:00-17:00
〜これからのビルメンテナンス業界にむけて〜
IT時代とビルメンテナンス

橋本 有史 氏
三幸株式会社 代表取締役 / コムコ株式会社 代表取締役

情報セキュリティーが問われる

「IT業界とビルメンテナンス業界との間で、最もかけ離れているのは情報セキュリティーでしょう」と橋本氏は指摘。昨今、情報セキュリティーが厳しく問われる背景には、情報が価値を持つようになったこと、加えて簡単に盗むことができ、手軽に転送できるようになったことが挙げられると述べました。

攻撃も悪質かつ深刻化し、橋本氏のソフトウェア開発会社コムコが管理している団体のホームページにも、不正アクセスされた形跡を確認できたといいます。ビルメンテナンス業においても、業界を挙げてのセキュリティーに対する意識付けが求められます。例えば、仕事にもスマートフォンが使われていますが、もしも「会社のスマートフォンを忘れたり落としたりしたら、大変なことになります。『飲むなら持つな、持つなら飲むな』の姿勢が必要です」と、橋本氏は語ります。

ここで、情報セキュリティー強化の施策の一例として、プライバシーマークの取得を紹介しました。 「当社でもプライバシーマークの取得に取り組み、当初は500個もの指摘を受けました。それを数十個までに削減させています。全ての現場が対象となりますから、社員の意識改革にもつながります」と推奨しました。

ビッグデータの重要性

次に、ビッグデータの重要性についても言及。「コンピュータの進化・普及につれて、ビジネスが変化してきました。膨大なデータを取得し、それに基づいて戦略や改善策を検討・立案する時代になっているのです」と橋本氏は訴えます。

これまで、ビルメンテナンス業界では、ビル管理会社からの打診を受けて営業活動を展開、コストや実績、熱心さなどを評価してもらい受注を獲得するものでした。しかし現在は、すでに値引き対応や実績アピールなどで受注できる環境ではなくなっています。

つづきは…

つづきの講演内容

  • クラウドの付加価値
  • ソリューションとパートナーへの転換

これより先の内容は、以下のボタンよりアンケートにご回答いただいた方のみ閲覧可能です。

セミナーレポートの続きを見る
(アンケート入力フォームへ)

  1. ボタンを押して、アンケート入力フォームへとお進みください。
  2. 入力フォームの各項目を選択または入力してください。
  3. 登録された方に対して、弊社よりメールをお送りします。
  4. 3のメールに掲載されているURLより、セミナーレポートの続きをご覧いただけます。

※本コンテンツは、製品・ソリューションを導入検討されている企業様を対象としております。
同業の企業様、代理販売を行っている企業様や、個人の方のお申込みにつきましては、
お断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

入力いただきました方には、下記のようなセミナーレポートの完全版をご覧いただけます!

今後のセミナー開催案内をご希望の際は下記よりお問い合わせください。(案内状が出来次第、ご連絡させていただきます。)
  • お電話でのお問い合わせはこちら

    フリーダイヤル0120-023-019(受付時間:平日9:00〜17:30)

    Webフォームでのお問い合わせ

    情報システムセミナーなどのご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。
    メールにて情報を案内させていただきます。

    メールにて案内を受け取る