情報システムセミナー[2015年 秋]経営管理 最新の企業事例に見る
不正会計の手口とその防止策

大手企業の粉飾決算が糾弾されています。不適切な会計は、企業の信用を失うだけではなく、法的責任を問われるなど、取り返しがつかない大きな問題に発展します。有効な予防法や対策はあるのでしょうか。検事・弁護氏双方の立場から不正会計に取り組んできた葉玉氏が、生々しい事例を交えて不正会計について語りました。

2015年10月27日(火) 東京会場

A31
13:00-14:30
最新の企業事例に見る
不正会計の手口とその防止策

葉玉 匡美 氏
TMI総合法律事務所 パートナー弁護士

不正会計における会社と取締役の責任

「不正会計」とは、公正妥当と認められない会計処理のことです。不正会計は、会社法、金融商品取引法、法人税法により、刑事罰、課徴金、重加算税などが科せられます。「重要なのは、会社ばかりではなく取締役個人も責任が問われることです」と、葉玉氏は訴えます。その実例として紹介されたのが水産会社F社の例です。

平成23年1月26日、F社の取締役3人が、子会社の架空循環取引を放置していたとして、株主代表訴訟で約19億円の損害賠償を命じられました。子会社の不良在庫増加の問題を認識し、公認会計士から指摘されたにもかかわらず、個別の契約書面などの確認、在庫の検品や担当者からの聞き取りを怠ったことが理由です。

株式の損失は、その額を計算しやすいことから、多くの訴訟事件が起きています。例えば光学機器メーカーのO社は、有価証券報告書の虚偽記載を理由に、海外の機関投資家ら86社から376億円の損害賠償を請求され、最大110億円を支払うことで和解しています。

取締役も損害賠償請求を受けます。ソフトウェア開発会社L社の取締役・監査役、監査法人らは、一審で総額76億円の損害賠償責任の判決が出ています。虚偽記載には刑事罰もあります。前出のO社元会長は、懲役2年6カ月、執行猶予4年を受けています。「課徴金や罰則だけではありません、マスコミに叩かれるなどレピュテーション被害も甚大です」と葉玉氏は警鐘を鳴らします。


図 虚偽記載に基づく損害賠償責任

つづきは…

つづきの講演内容

  • T社の不適切会計問題
  • 不正会計の手口と対応

これより先の内容は、以下のボタンよりアンケートにご回答いただいた方のみ閲覧可能です。

セミナーレポートの続きを見る
(アンケート入力フォームへ)

  1. ボタンを押して、アンケート入力フォームへとお進みください。
  2. 入力フォームの各項目を選択または入力してください。
  3. 登録された方に対して、弊社よりメールをお送りします。
  4. 3のメールに掲載されているURLより、セミナーレポートの続きをご覧いただけます。

※本コンテンツは、製品・ソリューションを導入検討されている企業様を対象としております。
同業の企業様、代理販売を行っている企業様や、個人の方のお申込みにつきましては、
お断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

入力いただきました方には、下記のようなセミナーレポートの完全版をご覧いただけます!

今後のセミナー開催案内をご希望の際は下記よりお問い合わせください。(案内状が出来次第、ご連絡させていただきます。)
  • お電話でのお問い合わせはこちら

    フリーダイヤル0120-023-019(受付時間:平日9:00〜17:30)

    Webフォームでのお問い合わせ

    情報システムセミナーなどのご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。
    メールにて情報を案内させていただきます。

    メールにて案内を受け取る