オービック情報システムセミナー[2014年 秋]

実施されたセミナーより、いくつかご紹介します。

セミナーダイジェスト

10月28日(火)

A11
9:30-11:00
IFRS対応の道しるべIX
IFRS大航海時代を乗り越える「戦略的管理会計のススメ」
最首 克也 氏
監査法人双研社 IFRS推進室 / 公認会計士
笠井 優雅 氏
監査法人双研社 IFRS推進室 / 特別研究員

「IFRS時代における管理会計の在り方」に関しては情報が少なく、興味はあるものの、「何をどのようにしたら良いか」がほとんどわからないという企業は多いのではないでしょうか?当セミナーでは、企業がIFRSという新たな海へ漕ぎ出すうえで必要な「管理会計の在り方」を、具体的な企業分析を基に考察していきたいと思います。また、先般公開草案が出された「修正国際基準(JMIS)」についても触れながら、IFRSをめぐる最新動向についても解説します。

最首 克也 氏:監査法人双研社 IFRS推進室 / 公認会計士
笠井 優雅 氏:監査法人双研社 IFRS推進室 / 特別研究員

A12
9:30-11:00
ユーザーの言い分、ベンダーの言い分
〜もう馴れ合いは許されない、真のパートナーに向けて〜
桔梗原 富夫 氏
日経BP社 執行役員 イノベーションICT研究所長

ユーザー企業とITベンダーの間で起こるシステム関連トラブルは相変わらず後を絶ちません。「ユーザーの発注能力が低下している」「ベンダーは利益重視で融通が利かなくなった」といった声がしばしば聞かれます。従来のような蜜月関係はもはや望めません。一方、ユーザー企業内のIT部門と利用部門も似たような関係にあります。日経コンピュータの調査では、利用部門がIT部門に対して悩みやニーズを理解してくれていないと感じている実態が浮き彫りになっています。関係が変化した原因は何か、信頼し合う真のパートナー関係構築には何が重要なのか、事例を交えて解説します。

桔梗原 富夫 氏:日経BP社 執行役員 イノベーションICT研究所長

A31
13:00-14:30
ご存知でしょうか
平成26年度 税制優遇措置の活用について
安積 健 氏
辻・本郷 税理士法人 法人第1部 部長 / 税理士

地域経済を活性化するため、税制優遇措置が講じられています。製造業の設備投資のタイミング、商業・サービス事業者のサービス力向上のための投資、新規事業への投資、さらには、事業承継のタイミング等、それらは幅広い企業活動のさまざまな局面に渡っています。
本講演では、これらの優遇措置について、生産性向上投資促進税制を中心に、雇用促進税制・所得拡大促進税制も含め今後の動向について解説します。
※当セミナーは、10/29(水)にも同一内容で開催します。(B53)

安積 健 氏:辻・本郷 税理士法人 法人第1部 部長 / 税理士

A32
13:00-14:30
製造業における高付加価値経営実現の手法
塩原 将 氏
品川経営コンサルティング株式会社 代表

日本における製造業のROA(総資産利益率)は長期的に下降トレンドを描いており、その水準は他の先進国と比較して低くなっています。ROAが低い理由は主に、純利益率が低いことによるもので、さらにこれは売上総利益率が低いことによります。一方で、キーエンスやファナック等一部の企業では、売上総利益率50%超、営業利益率40%超という非常に効率性の高い経営を実現しています。本講演ではこれらの高付加価値企業をベンチマークとし、製造業が高付加価値経営を実現するための手法を抽出し、ご紹介します。

塩原 将 氏:品川経営コンサルティング株式会社 代表

10月29日(水)

B11
9:30-11:00
〜Windows Server 2003サポート終了から始まるITシステムの革新〜
クラウド、ビッグデータ、モバイル、ソーシャルを支える次世代ITインフラを実現せよ
入谷 光浩 氏
IDC Japan株式会社 ソフトウェア&セキュリティ シニアマーケットアナリスト

Windows Server 2003のサポートが2015年7月で終了します。多くの企業が移行を検討されていますが、単なるサーバー移行で終わらせてよいものでしょうか?これからITの世界はクラウド、ビッグデータ、モビリティ、ソーシャルで形成される第3のプラットフォーム時代へと突入します。WindowsServer 2003の移行は新たな時代に向けてITインフラを再考するまたとない機会となります。当セミナーでは、最新の調査に基づいた市場や技術の動向を踏まえ、次世代のITインフラを実現するためのアプローチをご説明します。

入谷 光浩 氏:IDC Japan株式会社 ソフトウェア&セキュリティ シニアマーケットアナリスト

B12
9:30-11:00
〜好景気の先の不透明時代を生き抜くために!〜
建設・設備工事業界の経営体質づくりのポイント
入江 貴司 氏
株式会社船井総合研究所 チーフ経営コンサルタント

オリンピック、復興需要の恩恵等もあり、全国的に建設・設備投資が盛んになっています。一方で人材不足や将来の見通しが不透明といった課題も山積しております。そんな中でもしっかりと利益を生み出し、業績を上げられる企業のポイントとは何か?景気拡大局面の攻め方と、景気後退局面での攻め方の違いとは!?景気変動に負けない経営体質づくりのポイントは何か?全国の設備工事業の事例をもとに、船井流の考え方をベースにわかりやすく解説します。

入江 貴司 氏:株式会社船井総合研究所 チーフ経営コンサルタント

B31
13:00-14:30
企業経営と健康・長寿の秘訣
〜予防医学の実践!経営トップのリスクマネジメント 〜
亀田 隆明 氏
医療法人鉄蕉会 理事長 / 東京医科歯科大学 客員教授

日本を元気に!日々ご活躍中の企業トップの皆様にとって、大切な条件とは何か?もちろん経営手腕やリーダーシップも不可欠ですが、意外に忘れられている、後回しになっているのが自身の健康問題ではないでしょうか。強い組織、成長する組織、大きく飛躍する組織を率いる経営者・幹部に健康は不可欠です。亀田メディカルセンターで提供する経営トップ・経営幹部向けの取り組みを例に、ご多忙の中でもできる自身のメディカルチェックや健康増進・予防対策の先端事例をご紹介します。
※当セミナーは、10/30(木)にも同一内容で開催します。(C31)

亀田 隆明 氏:医療法人鉄蕉会 理事長 / 東京医科歯科大学 客員教授

B53
16:00-17:30
ご存知でしょうか
平成26年度 税制優遇措置の活用について
安積 健 氏
辻・本郷 税理士法人 法人第1部 部長 / 税理士

地域経済を活性化するため、税制優遇措置が講じられています。製造業の設備投資のタイミング、商業・サービス事業者のサービス力向上のための投資、新規事業への投資、さらには、事業承継のタイミング等、それらは幅広い企業活動のさまざまな局面に渡っています。
本講演では、これらの優遇措置について、生産性向上投資促進税制を中心に、雇用促進税制・所得拡大促進税制も含め今後の動向について解説します。
※当セミナーは、10/28(火)にも同一内容で開催します。(A31)

安積 健 氏:辻・本郷 税理士法人 法人第1部 部長 / 税理士

10月30日(木)

C11
9:30-11:00
Microsoft【がっちり魅せます】シリーズ
クラウド・モバイル・ソーシャル・ビッグデータ マイクロソフトテクノロジー最前線
西脇 資哲 氏
日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員 エバンジェリスト

見逃せない4大テクノロジーの波「クラウド・モバイル・ソーシャル・ビッグデータ」。これらを効率よく一貫して活用することで業務改革やワークスタイルの革新を生み出すことが可能になります。当セミナーでは、実際にこれらのテクノロジーを活用したデモンストレーションを中心に、どういったメリットが生み出されるのかを感じていただくことができます。それらを具体的に実現するマイクロソフトテクノロジーの最前線をご覧ください。

西脇 資哲 氏:日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員 エバンジェリスト

C12
9:30-11:00
ロジスティクス新解釈&新活用
戦略物流で企業力UP!なぜ成長企業は物流に長けているのか?
角井 亮一 氏
株式会社イー・ロジット チーフコンサルタント

ほぼ全ての成長企業は、物流を得意としています。なぜか?それは、物流を企業の競争優位にして、ボディーブローのように、強豪相手を倒していっているからです。物流の現場力も大切ですが、戦略として物流をどう活かすかを考えるマネジメントはさらに大切です。当セミナーは、物流担当者だけでなく、経営管理部門や経営企画部門や経営幹部の方にぜひ聞いていただきたい内容です。このセミナーを聞いて、会社で議論するポイントを持ち帰ってください。

角井 亮一 氏:株式会社イー・ロジット チーフコンサルタント

C31
13:00-14:30
企業経営と健康・長寿の秘訣
〜予防医学の実践!経営トップのリスクマネジメント〜
亀田 隆明 氏
医療法人鉄蕉会 理事長 / 東京医科歯科大学 客員教授

日本を元気に!日々ご活躍中の企業トップの皆様にとって、大切な条件とは何か?もちろん経営手腕やリーダーシップも不可欠ですが、意外に忘れられている、後回しになっているのが自身の健康問題ではないでしょうか。強い組織、成長する組織、大きく飛躍する組織を率いる経営者・幹部に健康は不可欠です。亀田メディカルセンターで提供する経営トップ・経営幹部向けの取り組みを例に、ご多忙の中でもできる自身のメディカルチェックや健康増進・予防対策の先端事例をご紹介します。
※当セミナーは、10/29(水)にも同一内容で開催します。(B31)

亀田 隆明 氏:医療法人鉄蕉会 理事長 / 東京医科歯科大学 客員教授

C32
13:15-14:30
人材マネジメント変革シリーズ −経営幹部育成編−
次代の経営チームを創造するポイントとは
植竹 由人 氏
株式会社 アイ・ウィリング 代表取締役社長

「次代を担う経営幹部を育成する」これは組織を継続していく中で、非常に重要な課題だと思います。しかしどうしても「人」がいない、任せられそうな人は限られる場合はどうしたらよいのでしょうか。同時に市場変化のスピードが早くなり、本質的な組織の生まれ変わりも求められる中で、次代の経営を担える経営チームを生み出し、現場で推進していくポイントを解説します。

植竹 由人 氏:株式会社 アイ・ウィリング 代表取締役社長

C41
14:50-16:00
不動産マーケットの現状と今後
〜オフィスマーケットを見るポイントをわかりやすく解説〜
中山 善夫 氏
株式会社ザイマックス不動産総合研究所 常務取締役 / 不動産鑑定士,MAI,MRICS,CCIM /(社)不動産証券化協会認定マスター / 早稲田大学大学院講師

アベノミクスの影響もあり、回復しつつある日本経済。その中で不動産、特にオフィスマーケットの動きが注目されています。企業業績の改善により徐々に拡大する移転・拡張ニーズ。テナントのオフィス選びのポイントも変わってきています。国内外投資家の東京都心の不動産投資が過熱する一方で、オフィスマーケット全体を見れば、中小ビルの老朽化が進んでおり、これが今後、大きな問題になってくると考えられます。当セミナーでは、オフィスマーケットの現状と今後を占うカギは何かについてわかりやすくご説明します。

中山 善夫 氏:株式会社ザイマックス不動産総合研究所 常務取締役 / 不動産鑑定士,MAI,MRICS,CCIM /(社)不動産証券化協会認定マスター / 早稲田大学大学院講師

C53
16:00-17:30
最新、労基署調査の実態!監督官はここを見る!!
佐藤 修 氏
佐藤社会保険労務士事務所 代表 / 社会保険労務士

今回のセミナーでは、労基署が『何をどのように重点的に調査するのか?』最新の労基署調査の実例を基に実態をお伝えします。そして、企業側が最低限取るべき対策と対処法を伝授します。また、年金事務所など他の行政機関等の調査実例についてもご紹介します。
※当セミナーは、10/31(金)にも同一内容で開催します。(D31)

佐藤 修 氏:佐藤社会保険労務士事務所 代表 / 社会保険労務士

10月31日(金)

D11
9:30-11:00
経営数値を扱う管理者に必須のスキルとは?
自社の「利益の質」を高める分析・思考術
夏目 岳彦 氏
公認会計士

経営者から頼りにされる計数管理者には、(1)経営数値を読み、課題を明確化し、その打ち手を考える能力(真の経営分析力)と、(2)経営者とは異なる視点から新しい発想を提示する能力(アイデア創出力)の2つがバランス良く備わっているように感じます。今回のセミナーでは、小売業やサービス業の事例を基に、(1)(2)の能力を意識して高めるための分析・思考トレーニングを行います。「数値をベースに経営を考え、自社の利益の質向上に貢献したい」と考える皆様のご参加をお待ちしています。

夏目 岳彦 氏:公認会計士

D12
9:30-11:00
新たな金融検査への本格的な移行に向けて
平成26事務年度 金融モニタリング基本方針を踏まえた態勢上の留意点

当初予定しておりました「のぞみ総合法律事務所 吉田佳公氏」より講師が変更となります。
また、講師変更による講演内容の変更はございません。

行方 洋一 氏
行方国際法律事務所

昨年、15年ぶりに検査手法が抜本的に見直されました。本事務年度の金融モニタリング基本方針では、地域金融機関には、地域の経済・産業の現状および課題を適切に認識・分析するとともに、こうした分析結果を活用し、さまざまなライフステージにある企業の事業の内容や成長可能性などを適切に評価した上で、それを踏まえた解決策を検討・提案し、必要な支援等を行っていくことが強く求められています。当セミナーでは、金融庁に出向して検査官経験のある講師が、検査官の視点からモニタリング基本方針を解説します。金融庁が公表している検査結果事例集を用いながら、ポイント・留意すべき事項等を具体的に説明しますので、金融機関様必見です。

行方 洋一 氏:行方国際法律事務所

D31
13:00-14:30
最新、労基署調査の実態!監督官はここを見る!!
佐藤 修 氏
佐藤社会保険労務士事務所 代表 / 社会保険労務士

今回のセミナーでは、労基署が『何をどのように重点的に調査するのか?』最新の労基署調査の実例を基に実態をお伝えします。そして、企業側が最低限取るべき対策と対処法を伝授します。また、年金事務所など他の行政機関等の調査実例についてもご紹介します。
※当セミナーは、10/30(木)にも同一内容で開催します。(C53)

佐藤 修 氏:佐藤社会保険労務士事務所 代表 / 社会保険労務士

今後のセミナー開催案内をご希望の際は下記よりお問い合わせください。(案内状が出来次第、ご連絡させていただきます。)
  • お電話でのお問い合わせはこちら

    フリーダイヤル0120-023-019(受付時間:平日9:00〜17:30)

    Webフォームでのお問い合わせ

    情報システムセミナーなどのご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。
    メールにて情報を案内させていただきます。

    メールにて案内を受け取る