情報システムセミナー[2014年 秋]経営管理 企業経営と健康・長寿の秘訣
〜予防医学の実践!経営トップのリスクマネジメント〜

情報システムセミナー2014年秋の目玉の1つであり、初登場となる医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 理事長 亀田隆明氏のセミナーです。近年、企業における健康管理問題がクローズアップされる中、“経営者の責任として健康への関心を”と呼びかけ、少子高齢化社会の危険性と医療におけるITの重要性、メディカルチェックや健康増進・予防対策の先端事例を紹介しました。セミナー会場もエグゼクティブ向けにゆったりした椅子配置で、2回開催されたセミナーはいずれも満席となり、経営者やビジネスの現場における健康への関心の高さが伝わってきました。

2014年10月30日(木) 東京会場

C31
13:00-14:30
企業経営と健康・長寿の秘訣
〜予防医学の実践!経営トップのリスクマネジメント〜

亀田 隆明 氏
医療法人鉄蕉会 理事長 / 東京医科歯科大学 客員教授

健康長寿の大変革期

医療法人鉄蕉会 亀田メディカルセンターは、亀田総合病院を中心とした、亀田クリニック、亀田リハビリテーション病院など医療サービス施設の総称です。千葉県南部の鴨川市を拠点としつつ、幕張の各種医療施設や、オービック本社向かいの東京スクエアガーデンに亀田京橋クリニックを構え、都内に勤務するビジネスマンの診療窓口となっています。「これら施設は統合ネットワークにより情報を一元管理しており、京橋のサテライトから本院での検査や手術の予約がリアルタイムに行えます」と、亀田氏は紹介します。

亀田氏が、医療業界の各所でとりわけ危機感を持って訴えているのが、「人類は今まで経験したことのない、極めて大きな変革期を迎えている」ということです。日本に限ってみると、先進7カ国で最も寿命が長く、その平均寿命は戦後50年で33年も伸びています。これは異常な事態であり、半世紀前の常識が今ではことごとく非常識になっているのです。

少子化も進んでおり、高齢化率をグラフ化すると、いかに異常かが一目でわかります(図1)。終戦のころは、全人口のうち5%程度だった老人の占める割合が、現在20%を超えています。そして、団塊ジュニアが後期高齢者になる2035年ごろには、40%近くに達すると予想できます。これをピークとし、以降はなだらかな傾斜に戻るといわれています。

「今、私たちは人類史上最初で最後の不思議な時期を経験しているのです。緩やかな流れの大河がいきなり爆風とともに直下し滝壺となり、また緩やかな流れに戻る。その滝のまっただ中に私たちはいます」。(亀田氏)


図1 日本の高齢化率

つづきは…

つづきの講演内容

  • 社員の健康は、経営者の責任
  • 成長分野としての医療

これより先の内容は、以下のボタンよりアンケートにご回答いただいた方のみ閲覧可能です。

セミナーレポートの続きを見る
(アンケート入力フォームへ)

  1. ボタンを押して、アンケート入力フォームへとお進みください。
  2. 入力フォームの各項目を選択または入力してください。
  3. 登録された方に対して、弊社よりメールをお送りします。
  4. 3のメールに掲載されているURLより、セミナーレポートの続きをご覧いただけます。

※本コンテンツは、製品・ソリューションを導入検討されている企業様を対象としております。
同業の企業様、代理販売を行っている企業様や、個人の方のお申込みにつきましては、
お断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

入力いただきました方には、下記のようなセミナーレポートの完全版をご覧いただけます!

今後のセミナー開催案内をご希望の際は下記よりお問い合わせください。(案内状が出来次第、ご連絡させていただきます。)
  • お電話でのお問い合わせはこちら

    フリーダイヤル0120-023-019(受付時間:平日9:00〜17:30)

    Webフォームでのお問い合わせ

    情報システムセミナーなどのご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。
    メールにて情報を案内させていただきます。

    メールにて案内を受け取る