財務部門向けソリューション有価証券管理システム

高度な知識を必要とするため属人化しがちな有価証券管理業務の標準化と効率化を実現。
自動仕訳・会計連携による決算業務の早期化や、内部統制強化にも貢献します。

概要

OBIC7有価証券管理システムは、金融機関の金融資産管理部門向けのシステムとして、長年に渡り培った豊富な経験と業務ノウハウを元に、一般事業会社向けに必要な機能を絞り込んだ最新ソリューションです。専門知識が必要で、またその煩雑さ故に属人化しがちな業務の標準化と効率化を実現。業務継続性の確保や、内部統制面でも有効で、さらに、今後のIFRS対応や、拡張性も備えています。

システム概要図

特長

専門的で煩雑な業務を標準化・効率化

専門的で煩雑な業務の標準化と効率化を推進。業務処理の自動化と関連システムへの重複入力の排除により、効率化とともに業務継続性も確保できます。

コンパクト・シンプルで使いやすい

金融機関向けの大規模・複雑なシステムではなく、必要な機能を絞り込んだシンプルで使い易いシステムです。導入も早く、高いコストパフォーマンスを実現します。

有価証券の多様化に対応する充実機能

取引履歴や残高管理、決算処理(時価評価・減損など)、利配や償還の予定管理、事業会社や部門別の保有管理、また外国証券の管理も行えます。

自動仕訳・会計連携で内部統制も強化

全ての取引から会計仕訳データを自動生成し、会計システムとシームレスに連携。また、さまざまな周辺システムとの連携も容易で、内部統制面でも安心です。