会計システム・会計ソフト・経理ソフト連結会計システム

OBIC7は単体会計から連結会計までを同一シリーズ内でラインナップ。
IFRS(国際財務報告基準)にもいち早く対応しています。

概要

OBIC7は単体会計から、固定資産、連結会計までを同一シリーズでラインナップ。連結対象子会社がOBIC7をお使いの場合はワンクリックで連結データの収集が行えます。また、固定資産データの連携により「未実現固定資産」の自動管理を実現します。さらに、連結から単体へのドリルダウン分析機能により、連結手続きの早期化に大きく貢献します。

システム概要図

連結会計システム概要図

主な機能と特長

連結会計システム

連結データ収集、連結マップ外部データ受入、連結自動仕訳、連結予算管理、連結財務諸表、開示データ作成

グループ各社の会計情報を収集し、会社合算から開始仕訳、のれん償却、内部取引消去、未実現利益消去、持分法適用仕訳など連結仕訳を自動生成。連結財務諸表や開示データの作成から連結予算管理までをフルサポートします。子会社がOBIC7をお使いの場合は財務会計・固定資産よりワンクリックで連結データの収集が行えます。

資本連結オプション

グループ企業間での資本変動取引を一括管理し、資本連結仕訳も自動作成します。

連結セグメントオプション

任意の事業セグメント毎に、予算・実績管理、残高管理や配賦処理が行え、グループ経営における多様なマネジメントアプローチを支援します。

連結情報入力(Web)オプション

マルチ言語(日本語/英語/中国語)、多通貨に対応し、在外子会社の報告業務を効率化。進捗管理機能も備えています。