ニュースリリース

日刊工業新聞(9面)にて、「機械業界向け統合ソリューション」に関する記事が掲載されました。

2017年4月3日
株式会社 オービック

 日刊工業新聞(2017年4月3日 9面)にて、オービックの「機械業界向け統合ソリューション」に関する記事が掲載されました。

 このたび、オービックでは機械業界を「産業機械・工作機械業界向け」をはじめ、「電子・電気機器業界向け」など五つの業種に細分化し、製造業向けの総合的な業務支援システムとして刷新いたしました。

 統合・分社化など事業再編の多い機械業界では、アフターサービス需要の増加に伴い、製造や販売、保守などそれぞれの業務に特化するのではなく、それらを一貫して行う企業が多く登場しています。 それに伴って、情報システムも業務別に縦割りの開発・運用から、一つのシステムで情報を管理したいというニーズが高まっています。

 オービックでは、機械業における多様な全ての業務(製造・購買・在庫・販売・設置工事・保守・修理・輸出入・貸出等)をフルカバーしていることに加え、 細かな業界特有の生産管理方式・保守・修理・手配方式や複数の原価計算方式にも対応しております。

 オービックの強みである会計システムにもシームレスに連携しており、情報の一元化によって顧客別や機械別収支の素早い把握ができることで迅速な経営判断を可能にします。 製造や販売、保守など複数の事業を営む単独個社への導入はもちろんのこと、製造・地域販社・アフターサービスなど業務別に分社化されたグループ企業様に導入することも可能です。

 オービックでは今後も機械業界のみならず、業界ごとに蓄積された経験とノウハウを活かし、お客様の早期のシステム稼働と経営効果の最大化を一貫サポートしてまいります。

※ 本件に関するお問合せはこちらから承ります。

関連するリンク