ニュースリリース

ニッキン(13面)にて、
株式会社横浜銀行におけるオービック「融資事務NAVIソリューション」採用決定に関する記事が掲載されました。

2012年 5月18日
株式会社 オービック

ニッキン(2012年5月18日 13面)にて、
株式会社横浜銀行(以下、横浜銀行)におけるオービック「融資事務NAVIソリューション」採用決定に関する記事が掲載されました。

 横浜銀行は地方銀行の最大手であり、神奈川県および東京都西南部を経営地盤にした地域密着型の金融機関として知られています。長期ビジョンに「お客様、株主、行員、地域社会にとって魅力あふれる金融機関」を掲げられており、様々な角度からサービスの向上を図られています。
 顧客サービス向上の一環として商品・サービスの多様化が進められる中、「融資業務における契約書作成のシステム化」が重要課題とされシステム構築の検討がなされました。ベンダー各社による提案が行なわれた結果、中長期で顧客サービスの向上を図る横浜銀行の業務要件に対応したシステム提案ができること、また精度の高いシステム構築を実現できる業務全般の製品・ノウハウを有することが評価され、システム構築パートナーとしてオービックが選定されました。

 オービックでは、従来より融資事務上発生する多様な書類を一元管理する「融資事務NAVIソリューション」を展開してまいりました。基盤となる「融資事務NAVIソリューション」に加え、契約書作成をはじめ、諸届、相続、商品、汎用書類といった拡張コンポーネントを用意しており、業務の必要性に合わせたシステム構築が可能な構成となっております。

 本件においても、オービックは横浜銀行のビジョンを理解し、事務の効率化・事務ミスの減少・お客さまの記入負担軽減といった、顧客サービスの向上の実効性を高めるためのシステム構築を全面的に支援してまいります。

○本件に関するお問合せはこちらから承ります。

関連するリンク