ニュースリリース

ニッキン(14面)にて
巣鴨信用金庫殿の「有価証券管理システム」導入に関する記事が掲載されました

2010年12月17日
株式会社 オービック

ニッキン(2010年12月17日 14面)にて、
巣鴨信用金庫殿の「有価証券管理システム」導入に関する記事が掲載されました。

 今回、巣鴨信用金庫殿に導入いただいた「有価証券管理システム」は、ホスト連携や、当局報告資料の出力なども含め、金融機関様の有価証券管理業務に十分に対応できるシステムとなっております。

 昨今の金融市場のグローバル化・ボーダレス化や各種規制緩和の進展を背景に、有価証券の多様化・複雑化が進んでおります。それに伴い「金融商品に係る会計基準」も見直しが行われるなど、法整備もすすめられています。新証券決済制度(電子化・無券面化への対応)や新様式のディスクロージャーへの対応など、資金証券管理業務における事務処理の流れが大きく変化しつつあります。また、IFRSの議論においても金融商品会計の行方は注目されております。
 このような流れをうけ、保有している有価証券が大きい金融機関様や事業会社様においては、有価証券の管理の一元化や、業務効率化、統制環境の強化が求められております。

 今後は、事業会社様における有価証券管理業務の効率化を図り、決算早期化や内部統制強化を支援するため豊富な実績を誇る統合業務ソフトウェア「OBIC7シリーズ」とも連携を図ってまいります。

※本件に関するお問合せはこちらから承ります。

関連するリンク