化学品卸売業全社ネットワークシステム

オフコン基盤の分散システムからOBIC7による全社リアルタイムネットワークへ、情報力を大幅強化。

化学品特有の販売管理をERPパッケージで見事に解決!

大阪本社をはじめ全国に5拠点を構え、工業薬品や化学品の製造販売を行うK社では、4世代に渡り使ってきた「オフコンをベースにした分散システム」から、新世代の国産ERPであるOBIC7による全社リアルタイムネットワークシステムに移行した。大きな特長は、OBIC7販売管理システムの基本システムをできる限り活かし、大幅なカスタマイズをせずに化学品業界特有の販売管理業務に対応できていることである。その結果、システム開発の時間とコストを大幅にカットすることができた。同社の成功の理由を探ってみよう。

厚い信頼を基に進化をめざす新システム導入の背景と狙い

K社では20年前に情報システム担当部長の強いリーダーシップにより某メインフレームメーカのシステムからオービックへの切替を成功させた。以来、オリジナル開発の販売システムとパッケージの会計・給与システムからなるオフコンによる拠点分散システムは、同社の業務革新と発展におおいに貢献してきたが、企業経営を取り巻く環境の変化や、ますます高度化する顧客ニーズへの対応が急務となった。
これらに対応すべく、情報システムを統合型ERP「OBIC7」に移行するとともに、ブロードバンドを活用した全社リアルタイムネットワークを構築することにした。

業界向け機能にパッケージで対応。非定形資料も簡単作成

新システムは、OBIC7販売情報システム化学品卸業向けテンプレートをべースに、従来からの課題を全てパッケージの標準機能で対応。さらに会計との入金連携、販売・会計・給与を全てOBIC7で統一することで、経営管理基幹業務をシームレスに連携、経営管理情報をタイムリーに共有できる。さらに汎用検索ツールInfoSearchを活用し、社内での非定型な資料作成も可能になった。

新システムにおける改善ポイント
  1. 受発注直送処理、1次2次納入先の管理
  2. さまざまな単価形態に対応、事前に単価改定日を指定して設定可能
  3. 小分けや希釈処理にも対応
  4. 毒劇物出荷明細もEXCEL連携で簡単に作成

化学品卸売業向けシステム全体像

拠点分散から全社集中型のネットワークへ

各拠点にサーバを設置し、バッチオンラインで定期的にデータを収集する「バッチオンラインシステム」から、ブロードバンドネットワークを活用した「リアルタイムネットワークシステム」へ機能を強化。重複処理の解消と、全社情報のリアルタイムな共有を低コストで実現した。
さらに、グループウェアNotesにより全国の拠点間のコミュニケーションと、基幹業務以外の非定形な情報共有も可能となった。これにより、営業マンは、外出先からでも、いつでもどこからでも、必要な情報にアクセス自在になった。この全社集中型のネットワークは、営業活動のサポートだけでなく、企画提案力の向上と、顧客サービスの強化にもつながっている。

従来のネットワーク:システム、DBとも各拠点に分散配置し、バッチオンラインで全社データを集約。 新ネットワーク:販売系サーバおよびDBは東京に、管理系(会計・給与)サーバおよびDBは大阪に配置し、インターネットVPNネットワークにより、リアルタイムに全社データの共有を実現。

各種お問い合わせ
  • お問い合わせをする

    製品・サービスについてのご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。
    弊社担当よりご連絡します。

    お問い合わせをする

    各種資料請求をする

    製品・ソリューションについての各種資料を無料でご用意しています。お気軽にお問い合わせください。弊社担当より資料送付のご連絡をいたします。

    各種資料請求をする

  • お電話での資料請求・お問い合わせはこちら

    フリー
    ダイヤル
    0120-023-019(受付時間:平日9:00〜17:30)